本が誘う、まだ知らない世界へ! 今月のオススメBOOK3選

2018-03-09 19:30
  • 決まった本をネットで購入することが多くなり、本屋さんでゆっくり本を選ぶことも少なくなったという人も、改めて、本屋さんに行ってみたいなと思う一冊が到着。アリ・スミスなど世界が注目する15人の作家が、本屋との思い出を綴ったエッセイ集。きっと本が並んだ風景やにおい、空気感を味わいに行きたくなるはず。ガラッと変わって、あと2冊は『サクリファイス』の著者が描く推理サスペンスと、旅行計画を立てたくなる台北の食案内本。ぜひ、本屋さんに行って探してみて♪
  • きっと本屋さんに行きたくなる『この星の忘れられない本屋の話』
  • ヘンリー・ヒッチングズ編 浅尾敦則訳 ポプラ社 1800円
  • アリ・スミスなど世界が注目する15人の作家が、人生で影響された本屋の思い出を綴るエッセイ集。自作を委託販売してくれた店、わが家の気分になれる店。思わず本屋さんに行きたくなる幸福な一冊。
  • 緻密な心理描写にも注目!『インフルエンス』
  • 近藤史恵 文藝春秋 1500円
  • 同じ団地に住む3 人の少女。家庭環境も事情も異なりながら、同時代を過ごした彼女たちには人に言えない秘密があった。『サクリファイス』の著者が、自己犠牲とは何かを解く、心理サスペンス。
  • ヨダレなしでは見られない『私的台北好味帖』
  • 内田真美 KTC中央出版 1600円
  • 心躍る街並み、すぐ行ける距離感。旅行先として大人気の台北に精通する料理研究家が、とっておきのおいしいお店を教えてくれる。早餐(朝食)から麺、喫茶、台湾料理まで。本書片手にGO!
原文/江南亜美子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords