綿菓子が手土産に? 京都手土産コレクション②【関西のイケスポ】

2018-11-30 18:30
  • 繊細な口溶けを楽しめる箱庭みたいな“京綿菓子”

  • 京都の新名物として話題の綿菓子専門店「JEREMY&JEMIMAH(ジェレミー&ジェマイマ)」。ただの甘い綿菓子ではなく、原料のザラメ自体に味を付け、極細の綿で様々なフレーバーを展開する人気店です。

    昔ながらの商店街にある2号店は、関西ではおなじみの老舗茶葉メーカー「かおりちゃん」とコラボし、10月にリニューアルしたばかり。
  • 2号店は古いアーケードの商店街の中に
  • この店での1番人気は、できたての綿菓子を鉄の箱に詰め、自家製のドライフルーツやパウダーで絵を描くようにトッピングした「wata-hako」。

    お茶とセットになったイートインのほか、なんと密封した箱入りもあり、サプライズな手土産やギフトとして話題沸騰。
  • 上から時計回りにドライフルーツがたくさん乗ったプレーン、抹茶、桜餅。下の2つは綿菓子そのものに味が付いています

    イートインの場合は注文が入ってから1つずつ手づくり

    パッケージは2種類。右の新バージョンは、茶葉メーカーの名物キャラ「かおりちゃん」のイラスト入り

    イートインは2Fで。靴を脱いでくつろげます

    商店街のこの看板が目印

  • 手土産用は、プレーンをはじめ抹茶、桜餅など、見た目も華やかな全11種類。各¥600(税込)

    姉妹店には、オリジナルのグミを販売する「KYOTO_gummi(京都グミ)」も。こちらも黒蜜きな粉や八つ橋風といった和テイストの味。

    どちらも他にはないここだけの味。わざわざ行く甲斐、大いにあり!
  • まずは1Fでオーダー。綿菓子を作っているところも見られます
【KAORICHAN TEA&COTTON CANDY STAND Candied by JEREMY&JEMIMAH(カオリチャン ティー&コットンキャンディ スタンド キャンディード バイ ジェレミー&ジェマイマ)】
住所:京都市東山区八軒町444-3 古川商店街内
☎070(4169)4008
営業時間:11:00~17:00
無休

撮影/関 愉宇太 取材・文/天見真里子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords