解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】

2019-03-05 18:00
  • 仲はいいのにセックスがない、そんなカップルや夫婦が増えています。ここでは、心理学者をはじめ、セックス経験者の文筆家など、レス事情に詳しい専門家が悩みにお答え! 解決に向けたヒントが見つかるかも。
  • 解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_1
  • “仲良しだけどレス”のお悩み、専門家の答えは?

  • 解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_2-1
    解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_2-2
    解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_2-3
    解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_2-4
    解決のヒントが見つかるかも! レスのお悩みに専門家がアンサー【仲よしだけどセックスレスって今ダメですか?⑤】_1_2-5

    「"私はしたいと思っているんだけど、どうしたらいいかな?"と、相談する形式で。いきなり二人の問題という話し方をすると、彼は責められているように感じます」(桃山商事さん)、「"ここ1年の統計をまとめてみました。年間3回。前年度比30%ダウンです、"そこでソリューションをご提案!"というように、事務的に。感情を入れるから、気まずくなるんです。まずは、セックス=下半身の話、という固定観念を捨てることから始めてみたらいかがでしょうか」(深爪さん)

    テクニックを磨けば、レスにならない&解消するわけではない!「あまり関係ないと思います。そもそも、何を気持ちいいと感じるかは人それぞれ。"これが上手"というセックスはないんです。なので、お互いがセックスの時間を楽しいと思えることを目標にしましょう。サービス提供者として技術を磨くのではなく、"あなたとこの時間を過ごすのがとっても楽しい! 気持ちいい! 幸せ!"と全身から伝わるようにするほうが、よっぽどレスには効くはずです!」(桃山商事さん)

    「まず、苦手の内容を把握すること。挿入の痛みが嫌なのか、オスとメスになるのが苦手なのか……。そこをはっきりさせれば、歩み寄りの方法はいろいろ考えられる。イチャイチャも、さわるのも、セックスの一部ですから!」(桃山商事さん)。さらに、晴香さんは苦手でもおかしくないとも。「痛みが伴ったり、妊娠の心配もあったり、苦手な女性が いて当然ですよ。無理のない程度の行為を続けているうちに、苦手じゃなくなってくるかも、くらいの軽い気持ちでトライして」(晴香さん)

    お二人から「この日にセックスする!」という日を決めるのが早いとのお答えが。「仕事や生活から切り離すとなおよし。いちばんいいのは温泉旅行、旅館一択です。並べられた布団に浴衣という淫靡アイテム。 盛り上がること請け合い」(深爪さん)。また、忙しいときでもできるのは "絆ホルモン"とも呼ばれるオキシトシンを出す行動。「"一緒にいてよかった"と声をかけたり、背中を流してあげたり、相手を大切にすると出るこのホルモンは、親密になりたいという気持ちを高めます」(晴香さん)

    「もちろんOK! セックスの結果は妊娠です。必要なければレスでも構いませんし、性行為をせずに子どもをつくる方法だってあります。結婚とはお互いが唯一無二の存在だと思い合えるパートナーをつくること。セックスなしでも安心できる関係を築けているって、素晴らしくて今っぽいと思いませんか? レス状態を許し合える恋人だからこそ、幸せなのかもしれませんよ」(晴香さん)。二人がうまくいっているのなら、セックスがないことにとらわれなくてもいいのかも。

  • お話を伺ったのは…

    心理学者 晴香葉子さん
    早稲田大学オープンカレッジ講師。 心理学的社会心理学・コミュニケ ーション学専門。『なぜ、いちばん好きな人とうまくいかないのか?』(青春出版社)など著書多数。

    文筆家 深爪さん
    Twitterフォロワー数15万人超えの深爪さんはセックスレス経験者。 著書『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』(KADOKAWA) にはレスのお悩みへの回答も。

    恋バナ収集ユニット 桃山商事さん
    1000人以上から恋の話を聞いたというユニット。今回はメンバーのうち清田隆之さん、森田雄飛さんが回答。著書に『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)など。
取材・文/東 美希 ※BAILA2019年3月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords