【地元にUターンを考える人への3カ条】ハッピーUターンを成功させるコツは?

2019-05-09 18:00
  • 年間10万件以上、U・J・Iターンの問い合わせがあるという「ふるさと回帰支援センター」理事長の高橋さんから、Uターンを考えるアラサー女性にアドバイスをもらいました。検討中の方はこれを読んで“ハッピーUターン”を成功させて!
  • 【地元にUターンを考える人への3カ条】ハッピーUターンを成功させるコツは?_1_1
    miya227/Shutterstock.com
  • 【Uターンを考える人への3カ条】

  • 1.地元に入りては地元に従う!
    「Uターン時に最もやってはいけないのは、都会風を吹かすこと。地元には地元の文化があり、やり方がある。"都会はこうだった!"と主張することは問題の火種になります。地元の文化に自分が溶け込むという意識が大事です」
  • 2.積極的に情報を集めよう!
    「慣れ親しんだ土地とはいえ、何年かたてば当然変化しています。地元の現状を調べておきましょう。1週間以上、"帰省"ではなく"暮らす"つもりで、現地で過ごしてみるのがベター。Uターントライアルの支援制度もありますよ」
  • 3.どういう暮らしがしたいか具体的に考えよう
    「何を求めてUターンするのか、しっかりとビジョンを持っておくこと。そして、その暮らしが本当に地元でできるのか、シミュレーションしておくこと。帰ってみたら思ったのと違った!という声もたまに聞きます」
  • 一緒に考えてくれたのは…
    ふるさと回帰支援センターの高橋 公さん
    認定NPO法人ふるさと回帰支援センター理事長。センターには東京大阪を除く45道府県の資料と、39県1市の相談窓口が。U・J・Iタ ーンについて相談員が無料で相談に応じます

    「昔は移住者の7割がシニア世代でしたが、現在は働く世代が増え、その割合も逆転しています。"地方で暮らすこと"に価値を見いだす若者が増えているんです。そのため、Uターンする人に対する支援も増えてきています。住宅や仕事についても、まずは気軽に相談してください」

取材・文/東 美希 ※BAILA2019年5月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords