生理前に来る怒りの感情、原因は自律神経の乱れ【PMSあるある①】

2019-05-11 18:00
  • 読者へのアンケート調査では特に PMS期の心身の不調を訴える人が続出。この時期、親しい人に怒りをぶつけてしまうこともあるのでは? 産婦人科医 高尾美穂先生に伺いました。
  • 教えてくれたのは…
    産婦人科医 高尾美穂先生
    イーク表参道副院長。西洋医学をベースに東洋医学、スポーツ医学、ヨガなどを多角的に用い、女性がよりよく年を重ねていけるようサポートしている。http:// www.mihotakao.jp/

  • 親しい人に怒りをぶつけてしまう!!

  • 突然彼を責め立ててしまい、思いが伝わらないと涙が出てしまう。彼がびっくりして距離ができてしまった(34歳・ヘア&メイク)
    夫のささいな言動に、いつもなら受け流せるけれど我慢できず、クッションを床にバーンと投げつけて、足でガシガシ踏みつけた(35歳・薬局勤務)
    母親に対してささいなことでいらだち、責める内容をLINEで送ってしまう(34歳・保育士)
  • 生理ちゃんコミック
  • 「もう1カ月たったの?」。毎度の登場に思わず憎まれ口をたたきたくもなる。けれどアイツが来なければ大切な妊娠も出産もないのだ。容赦ないけれど大切な存在。それが“生理ちゃん”

  • 【TAKAO'S EYE】
    自律神経の乱れで感情が高ぶりがちに

    怒りが表に出てしまうのは、ホルモン変化により、自律神経のバランスが交感神経が優位になり、攻撃性が高まるのが要因です。できれば、矛先を向けてしまいがちな相手にはPMSの症状によるものだと伝えて。自分自身は意識してリラックスするなど自律神経の働きが落ち着く生活を心がけて。

  • 生理ちゃんとは…
    月イチでやってくる生理を擬人化し、大ヒットとなった“生理ちゃん”。嫌われながらも、女性たちにやさしく寄り添う姿に思わず笑い、ときにホロリ。『月刊コミックビーム』(KADOKAWA)にて連載中。年内には実写映画も公開予定。待望の新刊『生理ちゃん 2日目』は7月12日発売予定。

漫画/小山 健 監修/高尾美穂〈イーク表参道〉 取材・文/堀 朋子 ※BAILA2019年6月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords