【尽くしたガール②】気づけばすべてが彼中心の“都合のいい女になっちゃうガール”

2019-05-24 18:00
  • 自分の意思やアイデンティティはどこへやら。彼のことが好きすぎて、気づけば、すべてが彼中心に。それって、本当に彼のため?それとも恋に酔いすぎ?
  • イラスト1
  • 遠距離恋愛中の彼が「会いたい」と言えば新幹線に乗って彼のもとへ。その交通費は自分持ち。ちなみに、彼が私の家に来たことは、まだ一度もない(30歳・卸売業)
    「今日、家に行くね」と 言っておきながらすっかり約束を忘れ、飲み歩いていた彼のことを朝までずっと待ち続けたことがある(30歳・事務)
    とにかく彼に会いたくて…いつ連絡が来てもいいように朝から晩まで仕事中もスマホを握りしめて待機。そんな生活がやめられない!(32歳・出版)
    少しでも会話を盛り上げたくて、「気が合う女」と思われたくて。 彼が読んだ本を読み、彼の趣味であるランニングを始め、好きなテレビ番組を録画予約。すべてを彼に合わせている
    (34歳・メーカー)
    常に友達よりも彼優先。彼から「会いたい」の連絡がくれば女子会の約束も即行キャンセル。彼のもとへと飛んでいってしまう(35歳・製造業)
イラスト/平松昭子 取材・文/石井美輪 ※BAILA2019年6月号掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords