ヘルシンキ食べ歩き備忘録 森と湖の国フィンランドが育む おいしいピュアフードに出合う旅! 3

2016-11-25 19:00
  • はじめてヘルシンキを旅したのは15年まえ。ロシアっぽい北欧という印象でした。アラビアのアウトレットでB品を爆買い(笑)したり(3月にファクトリーとしては機能しなくなり様子がすっかりかわっています)、マリメッコ本社を訪れたりして、かなりお気に入りに。二度目のヘルシンキももうだいぶまえですが、ヨーロッパ風に激変していて面食らったのを覚えています。
  • ヘルシンキ中央駅。美しい建築がそこここに
  • 100年ほど前に建てられたカッリオ教会
  • さて、今回のヘルシンキは? もちろんますますお洒落になっていますが、こじんまりと歩いてまわれる美しい街並も、親切で感じのいい人々も健在。飛行機で9時間強で着くヨーロッパ、ヘルシンキはやっぱり魅力的です。
  • ホテル、Lilla Robertsのロビー
  • 今回泊まったホテルLilla Robertsは、1年前にオープンしたスモール・ラクシャリー・ホテル。街の中心にありながら静かな立地も最高でした。朝食のハチミツジュースと、カルヤランピーラッカ(ミルク粥のライ麦パイ)にゆで卵&バターを添えて食べるのが定番でした。ベリーとオートミールに、ハチミツも思ったよりおいしい!! とにかく乳製品や卵がおいしくて、普段は積極的に摂らないのに、コーヒーにもミルク!でした。
  • Lilla Robertsのレストラン。朝食はこちらでいただきます
  • ホテルのビュフェで見つけたハチミツジュース
  • ヘルシンキでは、海に面したSavuの薫製料理にも舌鼓。白樺のヤニを貯蔵する倉庫を利用したインテリアもチャーミングです。このヤニのシャンプーや石鹸も売っています。根菜料理で知られるフィンランドですが、フレッシュなサラダや豆料理も多く、ベシタリアンも増えているそう。ベシタリアンメニューが充実のCargoは、8月に2号店を雑貨ショップTreの中にもオープンしたばかりの注目の店。また、散策途中においしいコーヒーが飲みたくなったらGood Life Coffee、クラフトビールと夕食なら、Il Birrificio、軽くファラフェルならFafa's、ランチなら予約も取りやすい、マリメッコの器などもすてきな(ホテルから30秒)Juuri、地元客であふれる川沿いのFaroもお勧めです。スーパーマーケットで見つけたヨーグルトやチーズもとってもおいしかった!!!
  • フィンランドならではの、カルラヤンピーラッカ(ミルク粥のライ麦パイ)
  • savuは、インテリアも器もすべてチャーミング。窓からの水辺の景色もすてき
  • savuの野菜やチーズの前菜
  • ベシタリアンメニューが充実のCargoは、8月に2号店を雑貨ショップTreの中にもオープンしたばかりの注目の店。また、散策途中においしいコーヒーが飲みたくなったらGood Life Coffee、クラフトビールと夕食なら、Il Birrificio、軽くファラフェルならFafa's、ランチなら予約も取りやすい、マリメッコの器などもすてきな(ホテルから30秒)Juuri、地元客であふれる川沿いのFaroもお勧めです。スーパーマーケットで見つけたヨーグルトやチーズもとってもおいしかった!!!
  • Cargoのスタッフ。フレンドリーで通いたくなる店です
  • Cargoのスープランチ。たくさんの野菜やナッツをトッピングできます
  • Good Life Coffeeでカフェタイム
  • Juuriで夢のようなランチ!マリメッコの器やグラスも登場します
  • Faroのエビの前菜。インテリアも運河の景色もすてきなレストラン
  • チーズ博士が経営するチーズメーカー。ヨーグルトも美味!スーパーマーケットなどで
  • すべて写真に収めたくなる素敵さ。次回の【森と湖の国フィンランドが育む おいしいピュアフードに出合う旅! 4】は11月26日19時にアップします
  • 紹介したホテルやレストランなどの公式サイト
  • 関連記事
photographs&text:Mari Katsura
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords