セレブの素敵ウエディングに学ぶ【三種の神器】はコレ!

2017-11-25 15:00
  • 「最高にセンスのいいウエディングってなんだろう!?」とBAILAが考えたとき、いろいろな要素をアレコレ盛り込むよりも、こだわるべきポイントをしっかり押さえて魅せる結婚式こそベストアンサーなのでは? と思いました。そのポイントとはズバリ【ボタニカル・レース・ヘッドアクセ】の3点。私たちが憧れるセレブの印象的な結婚式も、この3点が素敵だからこそ記憶に残っているのだと思います。
  • 椅子から転げ落ちるほど美しいセレブウエディングのキーアイテムって? ©︎WENN/amanaimages
  • たとえば【ボタニカル】調な結婚式ブームの火つけ役は、写真のケイト・モス&ジェイミー・ヒンスカップル。緑あふれるイギリスのコッツウォルズで式を挙げたケイトは、妹のロッティ・モスを筆頭に、花冠&ミニブーケを携えた天使のような愛らしさのブライズメイド15人を従えてハッピームード全開! 飾らないナチュラルなスタイルが世界中から注目されました。
    では続けて、【ボタニカル・レース・ヘッドアクセ】がとても素敵なほかの花嫁セレブを見てみましょう。
  • 【ピッパ・ミドルトン】英国キャサリン妃の妹で、今年の5月に挙式したピッパさんのドレスは、イギリスを代表するオートクチュールデザイナー、ジャイルズ・ディーコンのもの。職人のハンドメイドによる総レースが見事です。ハート型にカッティングされたバックスタイルもモダンでした♡ ©︎ZUMA Press/amanaimages

    【ポピー・デルヴィーニュ】人気モデルのカーラ・デルヴィーニュの姉でソーシャライツのポピーは、ロンドンのセントポール教会で挙式。シャネルのドレスにゆるく巻いたダウンヘアと、力の抜けたナチュラルなウエディングスタイルが話題になりました。©︎INF/amanaimages

    【グレース・ケリー】モナコ公国のレーニエ大公と結婚し、女優から王妃へと華麗なる転身を遂げた彼女の美しさはもはや伝説! 映画製作会社MGMの衣装デザイナー、ヘレン・ローズを中心に、ハリウッドの職人たちが6週間を費やして紡いだレースドレスが見事。聖書とすずらんのブーケを手に挙式したそうです。©︎Everett Collection/amanaimages

    【ジャクリーン・リー・ブーヴィエ・ケネディ・オナシス】のちの第35代アメリカ大統領となるジョン・F・ケネディと結婚したのは24歳のとき。シルクのタフタドレスにマリアヴェールを合わせたクラシカルなスタイルに全米が熱狂! 緑たっぷりのハマースミス・ファーム(=農場)で行われた披露宴には約1200人が参加。©︎Everett Collection/amanaimages

    【クリステン・マクメナミー】モード界の大御所、カール・ラガーフェルドにエスコートされて登場したトップモデルの女神のようなフェザーヘッドアクセはフィリップ・トレーシーの手によるもの。無造作に抱えられたバラのブーケも素敵です。シンプルなドレスでも忘れられないインパクトにつながる好例。©︎Topfoto/amanaimages

  • いかがでしたか? セレブたちの【ボタニカル・レース・ヘッドアクセ】を充実させた稀代のウエディングスタイルを参考に、ぜひ印象に残る結婚式を作り上げてみてください。バイブルは、カバーモデル・中村アンが最強に美しい別冊付録【婚+婚後BAILA】つきのBAILA12月号! ハローキティ大人ポーチ3点セットももれなくついてきますので、ぜひ書店orコンビニでお買い求めくださいね!
取材・文/沖島麻美
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up