林由香里さんが提案! ミニマムなウエディングドレスに合わせたいモードな花嫁メイク

2018-12-08 15:00
  • 女性の強さと美しさを兼ね備えたたたずまいの、ミニマムなドレスにはモードな雰囲気のヘア&メイクがお似合い。とはいえ、花嫁スタイルには、ちょっぴりエッジをきかせつつも品格はキープするのがポイント。ヘア&メイクアップアーティストの林由香里さんが大人のブライダルメイクを伝授します。
  • ドラマチックを体現した顔つきが視線とハートをとらえて、離さない

  • 【Make-up】「モダンな花嫁の表情はあえて王道色でつくる」
    ミニマムホワイトのドレスを選んだら潔く凜としたテンションに徹するのがベスト。インパクトカラーも躊躇せず取り入れて。そのなかでトレンドではなく王道の色みを選べば、永遠におしゃれ。
  • ドレス(レンタル)¥180000/ジュノ 恵比寿店(サッチンアンドバビ) ヘッドドレ
    ス(レンタル)¥15000/ジュノ 天神本店(マリア エレナ) イヤリング¥18000/アデル ビジュー
  • 【Base&Cheek】シアーなつやめきとさりげない血色感をオン
    幸福感を宿したい晴れの日には最低限のつやと血色感がマスト。
    1. チークを広めの逆三角形になるようにブラシでふんわりのせる。
    2. ゴールド パールのフェイス パウダーを黒目の外側から目じりまで頰骨に沿って指で重ねて立体感とつやめきを演出。

    【Base&Cheek】使ったのはこれ
    1 肌にあくまでそれとなく血色感を演出するヌーディなローズ。サテンの質感がリッチ。ブラッシュクチュール 6 ¥6000/イヴ・サンローラン・ボー

    【Base&Cheek】使ったのはこれ
    2 上品で淡いゴールドの輝きがリュクスなつやと立体感を添える。ル リオン ドゥ シャネル ¥8000/シャネル(限定)

    【Eye】大胆なグラデーションでセンスをアピール
    メタリックなラインでモード感を。
    1. ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 01の左上を上まぶた全体、右下を二重幅より広めに重ねる。左上と右下をブレンドして下まぶた全体に。
    2. 目頭と目じりを3㎜ずつあけて上まぶたのきわにゴールドのリキッドライナーを引く。

    【Eye】使ったのはこれ
    1 センシュアルな陰影を生むレッドブラウン系のアイシャドウ。ルナソル ニュアンスシェイドアイズ 01 ¥5000/カネボウ化粧品

    【Eye】使ったのはこれ
    2 華麗なゴールド。ウォータープルーフタイプのリキッドライナー。リキッドラスト ライナー ネイキッドボンド ¥3200/M・A・C 

    【Lip】ディープカラーを高貴にまとうのがポイント
    ドラマチックカラーのリップをきちんと塗ることで、ブライズにふさわしい品格を授けて。パレットの中央のバーガンディローズをブラシで丁寧に。唇の輪郭をきちんとなぞってから全体を埋める。

    【Lip】使ったのはこれ
    3色のカラーからチョイスしたのは中央のバーガンディローズ。華やかで洗練されたトーンは存在感たっぷり。rms beautyリップチークパレット モーニングキス¥4800/アルファネット(数量限定)

撮影/熊木 優〈io〉(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/林由香里〈ROI〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/垣内彩未 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords