冬も春も、通年大活躍! 読者モデルに学ぶ休日デニムスタイル

2018-02-02 17:00
  • 休日のカジュアルスタイルに欠かせないデニム。BAILA世代ならラフなだけではなく、ほどよい女らしさとスタイルアップにも気をつけたいものですよね。そこで@BAILAに掲載中の読者モデルのブログから、彼女たちが着こなす"女らしいデニムスタイル"をまとめました。デニムそのものの選び方、トップス合わせ、小物のあしらいなど参考になる着こなしが集結。シーズンを問わず活躍するデニム、冬から春へ季節が変わる時期の着こなしにも最適です。ぜひ読み込んで、デニムのおしゃれを楽しんでくださいね! 写真をクリックするとそれぞれのブログに飛べます。そちらも合わせてチェックを。
  • 高橋夏果さん。デニムはマウジーのハイウエストバギー。履くだけでたちまち腰位置が高く見え、脚長に履きこなせる1本ですが、この冬ショートにしたことで、さらにバランスがアップ。全体の印象が軽くなり、うまく履きこなせているそう。

    斉藤メグミさん。「着やせ効果がすごい!」とお気に入りのこちらはGUのハイウエストデニム。腰位置を高く見せるのはもちろん、絶妙なストレートラインで足細&脚長もかなうそう! 

    伊佐治里保さんが選んだデニムはセンタープレス。きれいめスタイルに合わせやすいデザインです。トップスやバッグ、シューズを全て黒で統一。デニムでもクラス感のある着こなしに。

    小野絵里さん。BAILA2月号を真似したのがこちらコーディネート。ユニクロの定番スキニーにレースのブラウスを合わせたレディな組み合わせ。トレンチを肩にかけこなれた雰囲気に。

    菊地実李さん。履いているのはスタニングルアーのデニム。色落ちや切りっぱなしの裾など、ラフなディテールの1本、ムートンコートや花柄ブラウスを合わせて上品な女らしさをミックス。

    長島沙耶さん。ノーカラーのボアコートに合わせたのは、アクネのノンウォッシュスキニー。カジュアルなアイテムが多い日、足もとに赤を差し色。華やかさを足して女性らしいイメージに着こなしています。

  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords