PR

【スタイリスト吉村友希さん】どんなシーンでも私らしく装える、頼れる上質時計

2018-03-09 10:00
  • 【Seiko Lukia×BAILA連載vol.2】忙しい平日も、ゆっくり過ごす休日も、いつも一緒の腕時計。せっかく毎日つけるなら、おしゃれにコーディネートを楽しみたいですよね。セイコー ルキアの「レディダイヤ」シリーズとバイラスタイリストのコーディネートリレー連載、第2回は吉村友希さん。女性らしく、品のある私服は誌面でも紹介するたびに大反響。今回は、きれいめとカジュアル、2パターンの着こなしを披露してくれました。
  • ブラウンメインのコーデで女子会映えコーデを
  • 吉村さんがチョイスしたのは、端正なトノー型の春の新作。コーディネートのポイントは?
    「初めてこの時計を見たとき、マットなピンクゴールドカラーがシックで素敵だなって思ったので、それを生かしたくて、こっくりめのブラウンをメインカラーにしました。この春新調したセットアップをタートルニットとレイヤードして、女子会ディナーなど、ちょっと気合を入れて、おしゃれを楽しむイメージで」

    ニット/スローン セットアップ/ブルーバード ブルバード ブレスレット/ハム リング/ミアンサイ バッグ/フリン ジャケット/ハイク ソックス/タビオ 靴/ピッピシック

  • 自動で正しい時刻を受信してくれるソーラー電波時計。そんな賢い時計を、さらに、ファッションアイテムとして“魅せる”ための、スタイリストならではの工夫とは……。
    「時計がニットの上にくるようにつけました。ベルトの明るくてクリーンなシルバーカラーが、黒のニットの上で品よくきらめいて、着こなしのアクセントになってくれますし、腕を細く見せてくれる効果も。意外かもしれませんが、こういうちょっとした工夫で、全体の見え方って変わってくるんです」
  • 時計【SSVW117】(SS〈一部PG色メッキ〉プラチナダイヤシールド×ダイヤモンド入り白蝶貝ダイヤル、ソーラー電波時計)¥59000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア)
  • 文字盤の数字の7の位置には、本物の輝きを放つ一粒のダイヤモンド。
    「実は、このブレスレットもそうなんですが、さりげなくダイヤモンドがついているアクセサリーが好き。デイリーに合わせやすいですし、時間を確認したり、バッグから何かを取り出すときなど、なにげなく手を動かしたときに目に入ると、自然とテンションが上がります」


    ※SS=ステンレススティール、PG=ピンクゴールドの略です。
撮影/イマキイレカオリ 取材・文/鈴木亜矢子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事