PR

【第3回】大人のドレスアップは引き算の美しさを意識

~人生でいちばんきれいな日は、ノバレーゼのドレスと「スタイリスト佐藤佳菜子さんが教えてくれる大人の可愛げウエディング」

2018-04-12 10:00
  • 「バイラ世代のドレス選びは、20代前半とは違った視点が必要だと思うんです」と佐藤さん。夢見てきた理想のドレス姿を実現するには、"盛る"可愛さだけじゃない、"引く"ことのできる冷静な目と、計算されたバランス感覚を持つこと──。その極意をお伺いしました。
  • 大人のドレスアップは引き算の美しさを意識
  • “肩から背中が大胆に露出するベアドレスは、肌の美しさがきわだち、今、とても人気ですね。バイラ世代がベアドレスを着こなすコツは、静謐なムードで大人っぽくシンプルさを追求すること。美しさがいっそうきわだつと思います。飾りつけることがドレスアップではないので、ネックレスやティアラは一切省いてみる。プラスするのは肌が透ける繊細なベールのみ。そんなミニマルな装いが、大人の女性を素敵に見せてくれると思うんです” -Kanako Sato
  • 画像をクリックしてさらにチェック
  • 「究極にシンプルな着こなしだからこそ重要になってくるのは、上質なものを選ぶ目。光沢のあるシャンタンのハリ感が美しいドレスは、洗練されていて上品でありながら、背中があいた大胆さも併せ持つ大人なデザイン。長いトレーンも優雅でうっとりするほど。だからこそ合わせるベールは繊細で上質なものをチョイスしました。ベールからうっすら透けて見える背中が、陰影とともにドラマティックなムードを演出できます」(佐藤さん)。ドレス(レンタル)¥340000・(販売)¥800000(サラ・ノーリー)・ベール(レンタル)¥26000・(販売)¥55000(マルコクッチノッタ)・ヘッドドレス(レンタル)¥22000・(販売)¥115500(ジェニファーベアー)・イヤリング(レンタル)¥4000・(販売)¥9000(アレッサンドラ・アヴァロネ)/ノバレーゼ銀座
  • 【Kanako Sato】
    "さとかな"の愛称でおなじみ、BAILAをはじめ多数のファッション誌で活躍するスタイリスト。チャーミングな人柄も人気。

  • 【NOVARESE】
    トップメゾンのインポートから、イタリアで製作されるオリジナルまでそろう、洗練された女性のためのウエディングドレスショップ。
  • and more

  • ベールに包まれて、ヴァージンロードを歩く花嫁の姿は神聖で美しくありたいもの。誰の心にも印象的に映えるウエディングスタイルを目指すなら、ドレスだけでなく、ドレスにふさわしいベール選びにもこだわって。
  • エレガントなトランペットシルエットと、品の良い光沢がドラマチックなドレスは、Sareh Nouriのもの。太めの縁取りをあしらったベールで、シンプルながらも存在感たっぷりのスタイリングに。ドレス(販売)¥800000・(レンタル)¥340000・ベール(参考商品)/ノバレーゼ横浜
  • ドレスのデザインを邪魔しない、シンプルなベールには、アクセントとしてヘッドアクセを添えて。ベール(販売)¥8000・ヘッドアクセ(MIRIAM HASKELL)(販売)¥65000・(レンタル)¥20000/ノバレーゼ銀座
撮影/三瓶康友 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/絵美里 取材・文/坪田あさみ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事