PR

【第4回】個性に合ったドレス選びがきれいへのカギ

~人生でいちばんきれいな日は、ノバレーゼのドレスと「スタイリスト佐藤佳菜子さんが教えてくれる大人の可愛げウエディング」

2018-05-11 10:00
  • 「このドレスを見たとき、ショートヘアしかイメージできなかったほど!」と佐藤さん。人気の花嫁像から、みんな同じようなロングヘアに寄せていきがちだが、逆に自分らしい個性を生かすドレス選びという考え方があることに気づかされる。
  • 個性に合ったドレス選びが きれいへのカギ
  • “結婚式に向けて髪を伸ばす人がいますが、私は自分をドレスに合わせるのではなく、普段の自分の個性に合ったドレスを選ぶことをおすすめしたい。たとえば世の中にはショートヘアだからこそ、素敵に着こなせるドレスがあり、そのマッチングこそが強い個性となります。人の記憶に残るのはその人らしいたたずまい。今回のドレスはまさにそう。繊細なふわふわのフェザーが胸元から背中にかけてやさしく揺れ、うっとりするほどエレガント。ショートの潔さとの対比が唯一無二の存在感となるんです” -Kanako Sato
  • 画像をクリックしてさらにチェック
  • 「ハイネックになったトップス部分に、オーストリッチとチキンフェザーを贅沢にあしらったドレスは、ヘアで引き算することが大切。ショートでもタイトめなオールバックが好相性。だからこそ思い切りロマンチックなドレスと、その人が持つ個性が引き立つんです」(佐藤さん)。上半身の背中部分はチュールで覆われているので、まるで羽根が直接背中から装飾されているように見える作り。ガザールというつやのある上質な生地を使ったスカート部分は、ボリュームたっぷりのAラインでドラマチックに。ドレス(レンタル)¥350000・(販売)¥1100000(アンヘル サンチェス)・イヤリング(レンタル)¥8000・(販売)¥21991(ミリアム ハスケル)・エンゲージリング(販売/Pt900×ダイヤモンド0.18ct)¥200000・マリッジリング(販売/Pt900×ダイヤモンド0.3ct)¥190000(ともにノバレーゼ プリマ)/ノバレーゼ銀座
  • 【Kanako Sato】
    "さとかな"の愛称でおなじみ、BAILAをはじめ多数のファッション誌で活躍するスタイリスト。チャーミングな人柄も人気。

  • 【NOVARESE】
    トップメゾンのインポートから、イタリアで製作されるオリジナルまでそろう、洗練された女性のためのウエディングドレスショップ。
  • and more

  • ショートヘアが引き立つドレスはほかにもラインナップ。また、すっきりとした顔回りに映える、大ぶりのイヤリングにも注目を。他にはない自分らしい花嫁姿に導いて。
  • ぱっと目を引く、メタリックなフラワーモチーフとミカドシルクをふんだんに用いた、華やかなドレス。フェイスラインがすっきりとしたヘアスタイルなら、散りばめられたフラワーも大人にふさわしい“可愛げ”バランスに。シアーな質感のデコルテは、首をすらりと長く、美しく見せる効果も。ドレス(レンタル)¥350000・(販売)¥1353750/ノバレーゼ銀座(Angel sanchez)
  • すっきりとしたヘアスタイルにマッチする、アイキャッチなイヤリングはNY発のコスチュームジュエリーブランド”DANNIJO”のもの。クリアストーンやパールを取り入れたデザインは、ホワイトドレスに品の良い華やぎと遊び心を加えて。(右から)イヤリング(レンタル)¥14000・イヤリング(レンタル)¥15000・イヤリング(レンタル)¥11000/ノバレーゼ銀座(DANNIJO)
撮影/三宮幹史 ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO〈angle〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/比留川游 取材・文/坪田あさみ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事