PR

【スタイリスト滝沢真奈さん】ブラウンの一粒ダイヤ入り時計でさりげなく個性をまとう

2018-10-12 10:00
  • 常にそばにあるものだからこそ、今の気分にもぴったりと寄り添う時計を選びたいところ。バイラの人気スタイリストがセイコー ルキア「レディダイヤ」シリーズを私服にコーディネートするリレー連載6回目では、滝沢真奈さんを再びお迎え。大人にちょうどいい個性をプラスしてくれる、トノー型時計に合わせたオリジナリティあふれる秋の着こなしを披露してくれました。
  • カジュアルなデニムスタイルが個性ある時計で見違え
  • 前回もセイコー ルキア「レディダイヤ」シリーズからトノー型のソーラー電波腕時計を選んだ滝沢さん。「格好よさのなかにエレガンスが宿るこの形に惹かれます」。高揚感に浸る幸せな時間をイメージしデザインされた新作は、ジュエリーのように輝く新しいブレスレットで、薄くつけ心地がよいのも魅力。「ニットとデニムに、ダイヤルがブラウンの腕時計。アイテム自体はどれも定番ですが、少しずつ主張のあるデザインをセレクトすることで、コーディネート全体にほどよい個性が生まれます」
  • トップス/アンスクリア デニム/レッドカード バッグ/メアリオルターナ ピアス/ガリャルダガランテ
  • ブレスレットは、コマとコマに間隔をもたせた軽やかなフォルムで、アクセサリーのようにつけられるタイプ。「愛らしさのあるピンクゴールドカラーのブレスレットに、コーディネートの印象が引き締まるブラウンのダイヤルがあしらわれた時計は人ともかぶりにくく、可愛いだけじゃ満足できないバイラ世代にもぴったりです」。独自のスーパークリア コーティングを施した、透明度の高いサファイアガラスは、見やすさも抜群。

    腕時計【SSVW128】(SS〈PG色メッキ〉ダイヤモンド入り)¥59000/セイコーウオッチ(セイコー ルキア)
  • 「これひとつで手もとのおしゃれは完了。あえてリングもブレスレットもつけず、ほかのジュエリーは耳もとだけに。辛めなピアスを合わせて、モダンな印象に仕上げました」。ラッキーセブンを意味する7時の位置には、セイコー ルキアのアイコンモチーフであるクローバーの台座に、一石のダイヤモンドをセッティング。「時間を確認するたび、華やかなダイヤモンドのきらめきに胸が高まります。カジュアルなコーディネートの日こそ、レディな時計をブレスレット感覚でさらっと合わせて、可愛げを足したいですね」

    ※SSはステンレスケース、PGはピンクゴールドの略です
撮影/イマキイレカオリ 取材・文/道端舞子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る