PR

【第10回】ドレスに合わせる小物をピンクに統一する新しい選択

~人生でいちばんきれいな日は、ノバレーゼのドレスと「スタイリスト佐藤佳菜子さんが教えてくれる大人の可愛げウエディング」

2018-11-12 10:00
  • 「一歩先行くドレスの着こなしを楽しむなら、小物をピンクで統一するというアイデアはいかがでしょう?」と佐藤さん。大人の可愛げとロマンチックなムードを演出してくれるアンティーク感のあるピンクは子どもっぽさとは無縁。すぐまねしたい小物使いをぜひ参考に。
  • ドレスに合わせる小物をピンクに統一する新しい選択

  • たとえば頭につけるベール。繊細なチュールはうっすらとピンクがかっていて一枚で光が透けると白に、そして下のほうで布が重なるとピンクが濃く見え、光によるグラデーションが美しさをいっそう盛り上げてくれます。そしてブーケはアンティーク感のあるピンクローズ、足もとのサンダルやパンプスもピンクを選ぶと、ぐっと可愛らしさが引き立ちます。日本人の肌と好相性な、頰を染めたようなピンクは、小物で取り入れると大人にちょうどいい甘さ。モダンな白いドレスとの合わせもおすすめです -Kanako Sato
  • 画像をクリックしてさらにチェック
  • 「キュートなドレスではなく、首もとが詰まったモダンで大人なドレスだからこそ、可愛げのあるヴィンテージピンクのベールを組み合わせるバランスが素敵に決まります。シンプルなドレスにウエディング感を盛り上げてくれるベールやグローブをプラスしていくのが今の気分」(佐藤さん)。トップスはコンパクト、スカート部分はボリュームたっぷり、さらにウエストにベルトをあしらったスタイルアップ効果抜群なドレス。ドレス(レンタル)¥310000・(販売)¥580000(ノバレーゼ)・ベール(販売)¥38000/ノバレーゼ銀座
  • 【Kanako Sato】
    "さとかな"の愛称でおなじみ、BAILAをはじめ多数のファッション誌で活躍するスタイリスト。チャーミングな人柄も人気。

  • 【NOVARESE】
    トップメゾンのインポートから、イタリアで製作されるオリジナルまでそろう、洗練された女性のためのウエディングドレスショップ。
  • and more

  • 頬を染めたようなピンク色のアイテムは他にもこんなバリエーションが。例えば、着物。柔らかいピンク色だからこそ、全身に纏っても大人にちょうどいい甘さに。近年ブームの和婚スタイルから、色打掛や引振袖をご紹介します。

  • 【色打掛】吉祥花宴紋 淡桃(レンタル)¥ 520,000/ノバレーゼ銀座
  • 淡い桃色の色打掛には結婚式にふさわしい、おめでたい文様を組み合わせて。柔らかな光沢感のある銀箔の文様に、流れるように舞う金色の四季の草花を配しました。 優しい淡桃地だからこそ、艶やかな草花の文様がアクセントに。清楚で愛らしいだけでなく、華やかさまで兼ね備えた逸品はバイラ世代にぴったり。

  • 【引振袖】引振袖 四季花尽くし(珊瑚) (レンタル)¥480,000/ノバレーゼ銀座
  • 優しげなピンク地に、大輪の牡丹や桜、紅白の梅に藤など、四季折々の花々が咲く艶やかな引振袖。うぐいす色の小物を合わせることで、花々が生き生きとした印象に。肌にもなじむ珊瑚色のピンクは、大人にふさわしい程よい甘さを演出してくれます。
撮影/酒井貴生〈aosora〉ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO〈angle〉スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/絵美里 取材・文/坪田あさみ
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事