PR

今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】

エディター坪田あさみさんがナビゲート

2019-03-12 10:00
  • 一見軽やかなスプリングコート、実は"アンブレラコート"という別名を持つ高い機能が自慢のタフな一枚。雨の日も風の日も週5で活躍する春の本命!
  • 甘さを抑えたコートならドット柄も大人なムード

  • 今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】_1_1
  • ほどよいハリがありながらオーバーシルエットのゆったり感と、ロングスカートと合わせてちょうどよい長めの丈感が今っぽい春の本命コート。高機能性を感じさせないほどしなやかな生地感と、着ていることを忘れるほど軽いのもうれしい。ドット柄がレトロなブラウンのセットアップと合わせれば大人の可愛げも演出できる。

    コート¥19000(ストロベリーフィールズ)
    ブラウス¥11000・スカート¥16000(ともにイチエ)・靴¥27000(ファビオ ルスコーニ)・ピアス(参考商品)/シュガー・マトリックス バッグ/スタイリスト私物(右ページ)コート各¥19000・スカーフ¥2500/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) バッグ/スタイリスト私物
  • ハイブリッドスプリングコート

  • お話を伺った人

    エディター 坪田あさみさん
    本誌をはじめ幅広い世代の女性誌に携わる姉バイラ世代。トレンドアイテムはもちろん、オーセンティックな名品にも造詣が深い。

    ストロベリーフィールズ チーフデザイナー 佐生竜輔さん
    レディスの服作りに携わって15年。アウター全般からパンツなどメンズ寄りのアイテムが得意。新素材の開発にはオタク気質を発揮。

  • 今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】_1_2
  • 坪田:春の定番トレンチは意外と重かったりするので、気軽に羽織れるコートはないかな、と探していたんです。


    佐生:このコート(1)は一枚仕立てでボタンもなく、肩前はセットインで後ろはラグランに切り替えられた作りで、さらっと肩かけもしやすいフォルム。あえて色の違うステッチでカジュアルさを出している(2)のも魅力なんです。


  • 今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】_1_3
  • 佐生:袖をたくし上げやすいのもポイント。そしてなんと重さが約500g(ベルト込み)! 折りたたんで小さなバッグに入れて持ち歩くこともできます(3)少しの雨ならこのコートで充分、折りたたみ傘がいらないぐらい。

  • 今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】_1_4
  • 坪田:気温や天候が変わりやすい春先は脱いだり着たりが多いからうれしいですね。でもシワになっちゃいませんか?


    佐生:コットン100%のタイプライター生地に特殊な加工を施しているので撥水撥油効果でレインコートのようにも使えて、汚れにくくシワも気になりません(4)。


  • 今どきな女らしさをつくる新・名品【ハイブリッドスプリングコート】_1_5
  • 佐生:しかもこのコート、自宅の洗濯機でも洗えるお手入れの楽さも自慢なんです。さらにアイロンや乾燥機で熱を加えると、弱まってしまった撥水撥油効果が復活するんですよ。


    坪田:すごい! まさにハイブリッドの名にふさわしい高機能ですね!

  • 掲載商品の一部はFLAG SHOPでも購入できます。
撮影/菊地 哲〈MUM〉(人)、草間大輔(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/比留川游 取材・文/坪田あさみ

●お問い合わせ先/
シュガー・マトリックス ☎03(3791)8111 
  • tweet
  • share
  • LINEで送る