PR

榮倉奈々がまとうシャネルのきらめき 日常に「ココクラッシュ」というスパイスを

デビュー以来、不動の人気を誇る
シャネルのアイコニックなコレクション「ココ クラッシュ」。
唯一無二のキルティングモチーフがモダンで洗練された存在感を放つ。
自由なアレンジで、毎日のコーディネートに自分らしい輝きを添えて。

※Pt=プラチナ、YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、BG=ベージュゴールド、SS=ステンレススティールの略です。

PENDANT

繊細かつスタイリッシュな
ペンダントが待望のデビュー。
スペシャルな華やぎで春を始めて

この春登場したコレクション初のペンダントに心ときめく!キルティングが繊細に刻まれたモチーフと2連チェーン……。
どの角度からでもベージュゴールドのやわらかい輝きが視線をさらい、胸元にエレガンスをもたらす最高のコンビネーション。
パヴェダイヤモンドがきらめくタイプと重ねづけすれば、特別感は最高潮に。

ジャケット¥1535000・ペンダント(上から)(BG)¥293750・(BG×ダイヤモンド)¥477750/シャネル

RING/ beige gold

無造作に重ねて…
遊びのある手もとの景色が
日常に高揚感を呼び込む

指をやさしく包み込む曲線美と、肌に自然になじむベージュゴールドの輝きがフェミニン。
どんな組み合わせもさまになる品のよさがあるから、現代的なレイヤードも思う存分楽しめる。
素肌の見える分量が増えるこれからの季節こそ、思い切ったボリューム感のある手もとにトライしたい。

ドレス(参考商品)・リング(人さし指)(BG)各¥264000・(中指)(BG×ダイヤモンド)¥845000・(薬指)(BG)¥360000/シャネル

RING/ white gold

クリーンさきわだつ
ホワイトゴールドが魅せる
ノーブルな美しさ

左右の指にホワイトゴールドの澄んだ輝きを散らして、涼しげな表情を印象づけて。
辛口なブラックの時計とのコーディネートがクールさを後押し。
そこにリュクスな華やかさをプラスするのはダイヤモンドの輝き。
コントラストが生むワンランク上のスタイルが知的な印象へ導く。

ブラウス(参考商品)・パンツ¥280000・リング(右手)(WG×ダイヤモンド)¥2187500・(左手中指)(WG)¥367000・(左手人さし指)(WG)¥271000・時計「ボーイフレンド」(SS×ダイヤモンド×アリゲーターストラップ)¥800000/シャネル

BRIDAL RING

普遍的な輝きを放つ
エンゲージ&マリッジリングは
さりげなく日常に溶け込ませて

センターダイヤモンドをパヴェダイヤモンドが囲む、圧倒的な存在感を放つエンゲージリング。
シンプルで洗練されたマリッジをそっと寄り添わせて。
異なるカラーゴールドをミックスした手もとにもなじむファッション性にも注目。

ドレス(参考商品)・リング(左手薬指上)(Pt×ダイヤモンド0.25ct〜)¥450000〜・(左手薬指下)(Pt)¥157000・(左手人さし指)(YG×ダイヤモンド)¥495000・(右手人さし指)(YG)¥353000・(右手中指上)(YG)¥258000・(右手中指下)(YG×ダイヤモンド)¥495000・(右手薬指)(Pt)¥232000/シャネル

EARRINGS

リズミカルなアクセントで
旬の耳盛りもラグジュアリーに。
ふとした横顔にも凜とした空気感を

ひとつならシンプルシック、レイヤードすればモードコンシャスに。
つけ方次第でイメージ自在なイヤリングたち。ドレスにはもちろん、Tシャツにさらっとつけても素敵だから、離れられない相棒になりそう。
主張しすぎずコーディネートをランクアップしてくれる心強いアイテムは、ひとつずつ大切に集めていきたい。

ドレス(参考商品)・イヤリング(上から1・3 番目)(YG)¥370000・アシンメトリーなイヤリング(上から 2・4 番目はセット)(YG×WG×ダイヤモンド)¥675000 /シャネル

BRACELET

ゴールドの色のかけ合わせと
キルティングモチーフが絶妙。
シンプルなスタイルが手もとで見違える

モダンなブレスレットで、レイヤードも軽やかに。
ホワイト、イエロー、ベージュの 3 つのゴールドがネイビーニットに映える。異なる色のニュアンスにダイヤモンドがリズミカルに輝き、キルティングモチーフもよりいっそうフレッシュに。

プルオーバー・パンツ(ともに参考商品)・ブレスレット(左手)(WG×ダイヤモンド)¥1182500・(右手上)(BG)¥793250・(右手中)(YG×ダイヤモンド)¥1120000・(右手下)(YG)¥775000/シャネル

CHANEL OFFICIAL SITE

撮影/生田昌士〈まきうらオフィス〉(人)、魚地武大(物)〈TENT〉
ヘア/KENICHI〈Eight Peace〉 メイク/AKIKO SAKAMOTO〈3rd〉 スタイリスト/上杉美雪〈3rd〉
モデル/榮倉奈々 取材・文/榎本洋子