バッグから見える
スマートな人の「日常」

オフィスでの“愛され美人”はどんなバッグで、なにを持ち歩いている?人気のバイラーズ3人のバッグとその中身を拝見。ガジェットやお財布、コスメまで……それぞれの持ち物にあらわれる、その人の「日常」をのぞき見。すると仕事ができる最強女子たちには、ある共通点が!日中もUVケアや保湿を怠らず、素早く“お直し”できるようなスマートコスメを必携していることが判明。スプレータイプのUVケアアイテムやスティックタイプの保湿モノを愛用中。新生活をもっとスマートにするヒントになりそう!

バイラーズの気になる
BAGの中身

バッグの中身は三者三様。お仕事環境によって毎日必ず持ち歩くアイテムには差が。
そんな中でも3人ともが持ち歩いていたのが優秀なお直しコスメ。
その中身をじっくりチェック!

  • 会社員
    鈴木園子さん

    鈴木さんは金融系の営業職。勤務時間はフレックス制で、基本的には「内勤7:外勤3」の割合。出張もしばしば。夜は取引先の皆さんとの会食という日も。

    READ MORE

  • 雑誌編集者
    菅原麻葉さん

    雑誌の編集者として多忙な日々を過ごす菅原さん。日中は取材や撮影で外出していることも多く、アポイントの合間にカフェで仕事をすることも。大の猫好き!

    READ MORE

  • フリーアナウンサー
    西島まどかさん

    TV番組のMCやイベントの司会など“見られる仕事”である西島さん。ときには自身でメイク直しをして画面に映ることも。お仕事バッグは大容量のトート。

    READ MORE

会社員
鈴木園子さんの場合

ガジェットものから女性らしいグッズまで、少数ながらがさまざまなアイテムがラインナップ。スカーフやパールは、急な会食などの際にプラスするそう。外出するときに欠かさないのが、サングラスとイプサのクーリング ボディプロテクター。「春になると早くも光の強さを実感!絶対に日焼けしたくないので、ボディのUVアイテムを外出前には必ず塗り直します。ひんやりした泡が、肌に心地よく伸びて、つけるのが楽しみになる感触のクーリング ボディプロテクターはバッグの中にあると安心なんです!」

雑誌編集者
菅原麻葉さんの場合

取材の際に使うボイスレコーダーや取材内容を書き留めるノートなど、お仕事グッズが満載。そんな菅原さんも、撮影時のボディのUVガードには、イプサのクーリング ボディプロテクターを使っているそう。「ふわふわのフォームで出てきて、伸びも抜群!腕や脚に塗っても、“肌が呼吸ちゃんとできてるな”と思えるんです。パッケージもスタイリッシュだから、化粧室で取り出すと友人にそれなに⁉︎と尋ねられます。暑い真夏になったら、このクールな感触に絶対救われるはず!」。その他、飼い猫のクリアファイルなど猫グッズも多数。

フリーアナウンサー
西島まどかさんの場合

西島さんのバッグには、番組の台本や勉強中のごはん検定のテキストなどが。画面に映る際に顔周りに自分でジュエリーを足すことも多く、ジュエリーケースは必ず。お財布やハンカチは白を愛用。ポーチはメイク直しができるようぎっしり。お直しグッズとして愛用しているのが、イプサのザ・タイムRデイエッセンススティック。「このスティックを指先に取り、メイクがヨレているところにトントンと叩くようになじませます。すると瞬時にうるおいが復活!その後、ライトを浴びても潤っているのに、決してテカらない。優秀です!もう何回もリピートしてます。」

バイラーズの注目のアイテム

人気バイラーズが愛用していたイプサの新ボディプロテクターに注目。こちらは「冷却泡技術」を採用したイプサ クーリング ボディプロテクター。ムース状の泡が素早く肌になじみ、白くなったり重さを感じたりすることなく、ボディにフィット。UVカット機能はもちろん、空気中に飛散する微粒子の影響からも肌を守ってくれるから、花粉の季節にも心強い味方に。さらに「スキンケアコンプレックス※」が角層にうるおいを与えてくれるから、透き通るようなクリアなボディへ!ひんやり心地いい冷感タイプなので、恐ろしく暑い日本の猛暑を乗り切るのに大いに助けになってくれるはず。肌をガードしながら、透明感あるボディに導く新感覚の日焼け止め。朝はもちろん、バッグにインしておいて日中に重ね塗りすれば、うっかり日焼けとは無縁の透明感あふれる美ボディに!

※チャ葉エキス、シロキクラゲ多糖体、グリセリン(保湿成分)

クーリング ボディプロテクター 100g SPF30・PA+++ ¥3800(税抜)/イプサ

詳しくはこちら

撮影/中澤真央 ヘア&メイク/鈴木翠 取材・文/前野さちこ

  • tweet
  • share
  • LINEで送る