その夏服、クロゼットにしまうのちょっと待った! 【汗ジミ・黄ばみのお手入れチェックリスト】

2018-08-18 13:00
  • お気に入りの白い夏服をクロゼットから出してみたら、黄ばみが! こんな経験、誰にでもありますよね。その原因は、季節終わりのお洗濯方法にあり。悲劇を起こさないためのお手入れテクニックをプロに聞きました!
    まずは、知っていれば白物上手になれる「お手入れチェックリスト」で正しい洗濯の知識を伝授します!
  • 正しい洗濯方法知ってる? 夏服お手入れチェックリスト
  • それぞれのQに、〇=正解、×=不正解、△=どちらともいえないと答え、正解数を数えて。
  • 答えは×
    汗は99%が水分で、残りはアミノ酸や尿素など。皮脂は含まれていない。

    答えは×
    汗の成分はほとんど水なので、すぐに洗濯すれば水洗いで充分きれいになる。

    答えは×
    黒ずみの原因は皮脂=脂分。黒ずみは脂分に強い食器洗い用洗剤で落とすとよい。

    答えは○
    すすぎが不充分だと、残った洗剤の成分が空気に触れて黄ばみの原因になる。

    答えは△
    正確には、衣類に残った"洗剤成分"や汗の成分が空気に触れて酸化するから。

    答えは×
    紫外線の影響で変色する危険が。風通しのよい場所で陰干しするのが正解。

    答えは×
    通気性が低いビニールカバーは、湿気がこもってカビが発生する原因に。

    答えは○
    蛍光灯から出る微量の紫外線に影響を受けて衣類が変色することがある。

    答えは△
    漂白剤では落ちない黄ばみも。黄ばむ前の早めのケアが肝心。

    答えは×
    水をつけてたたくとシミが広がる危険が。ワインのシミはプロにまかせるべし!

  • 結果はいかがでしたか?
    正解数 0〜3個 もう少し頑張りましょう 
    正解数 4〜6個 マイスターまであと少しです
    正解数 7〜10個 スバラシイ! 洗濯マイスターです
  • おしえてくれたのは…
    レジュイール 古田陽祐さん
    スタイリストやハイブランドのスタッフが信頼を寄せる、高級クリーニング店の2代目社 長。生地や染料、洗いの技術まで深い知識を持つクリーニング界のカリスマ。
  • 次回は黒ずみ落としやシミ抜き、保管方法まで、知っておくと安心のお手入れQ&Aをお届けします。クロゼットにしまう前にぜひチェックを! 発売中のBAILA9月号では夏から秋へ上手にスライドする「シンプル+1で素敵な人」特集をはじめ、ファッション特集が満載です。レスポートサック×BAILAスペシャルコラボポーチもついています。ぜひ書店・コンビニでお買い求めください!
取材・文/浦上泰栄
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords