改めてハロートーキョー! 昼の築地で路地裏お鮨

2018-02-12 20:00
  • 生まれも育ちも東京なのですが、ちゃんと行ったことのない土地といえば築地。お店の立ち並ぶ場外市場は移転後もそのままということですが、移転前に一度は見ておきたいというもの。遅く起きた日曜の午前中に、ランチ目当てでふらっと行ってみたらこれがすごく楽しい。
  • まずは海産物屋さんやご飯屋さん、屋台の立ち並ぶ場外市場をお散歩。日曜の昼ですが、ものすごい賑わい! 自分のペースで歩けないくらいのにぎにぎ感にテンションアップ。屋台やお店の軒先で色んな食べ物が売られており、食べ歩きも楽しい。景気付けの生ウニでスタート。ひと皿1000円!

    もちろん目的はお鮨。特にリサーチもせず行き当たりばったりで入ろうと歩いていたら、昭和な趣きのほっそい路地(新井浩文が似合う感じ)に突如現れるカウンター。なにこのいい雰囲気。気になりすぎて、ここに決定。

    じゃん! 30分ほど並んで入店、そして発注。木のカウンターとネタケースの向こうで大将が握ってくれています。大トロ中トロ雲丹いくらと幸せの詰め合わせ。 ビールとともに乾杯。控えめに言って最高すぎる…! 駅のホームにある立ち食い蕎麦屋よりオープンな距離感なのに妙に居心地がいい。

  • ちなみのこのお店は、この界隈でも数店のお鮨・魚介のお店をやっている「虎杖」さんの別館。通り抜けできる路地に現れたカウンターは映画のセットのようで雰囲気抜群。築地観光といえば早朝のイメージですが、ランチがてらふらっと行っても十分楽しい。改めてやる“ベタ観光”、プチ旅行気分が味わえてリフレッシュにぴったりです。(ナベ嬢)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords