フォトジェニックでお腹も満足。「春サラダランチ」を作ってみよう! 【お料理新連載スタート】

2017-04-29 15:51
  • おいしいもの好き、加藤綾子さんの“もっと料理上手になりたい!”熱が弾けた新連載が大反響! 初回で挑戦したのは、料理研究家、ワタナベマキさんに教わる、野菜たっぷり、でもお腹も大満足の「春サラダランチ」。彩りの美しさで見た目も食欲をそそるレシピを詳しく解説します!
  • ヘルシーで満足感が出る「キヌア」入り!

  • サラダに和えたのはキヌア。野菜にかさが出て腹持ちもいいので、ヘルシー。「キヌアはこんな風に食べればいいんだ!」と加藤さん。まとめて茹でれば2-3日保存が可能なのもうれしい。
  • チキンは皮目をしっかり焼くと香ばしく!

  • サラダに入れるチキンソテー。鶏肉の脂を出すように皮目からじっくりと焼く。肉を軽く押して弾力ではねかえってきたら焼き上がりのしるし。
  • 格別のサラダに変える魔法のドレッシング

  • レモン汁とマスタードを混ぜるドレッシング。ほどよい酸味がアクセントになって鶏肉をさっぱりと食べられます。多めに作っておいて保存も可能。にんじんのラペにあえたり、野菜スティックのディップにしたり応用力抜群!
  • 春サラダ レモンマスタードドレッシングあえ

  • 材料(3-4人分)
    鶏もも肉…400g
    新玉ねぎ…1/2 個
    キヌア…大さじ4
    バジル…25g
    粗びき黒こしょう…少々
    セルフィーユ…適宜

    A フレンチマスタード…大さじ1と1/2
    レモン汁…1個分(大さじ2)
      塩…小さじ1/2
    オリーブオイル…大さじ3

    作り方
    1 鶏肉は常温に戻しておく
    2 新玉ねぎは薄切りにし、水に約3分つけてざるに上げる。
    3 キヌアは沸騰した湯に入れ、中火で約12分ゆで、ざるに上げる。
    4 グリーンピースはさやごと沸騰した湯に入れ、中火で約2分ゆでる。火をとめ、そのまま冷ます。中の実が見えるようにさやを縦に割く。
    5 フライパンにオリーブオイル少々(分量外)を中火で熱し、1を皮目を下にして入れる。フライ返しなどで上から押さえながら皮がパリッとするまで焼き、裏返す。
    6 弱火にして約8分焼き、塩・こしょう各少々(分量外)をふる。火を止めそのまま5分ほど置いてから、食べやすい大きさに切る。
    7 ボウルにAをあわせ混ぜ、6を加えてなじませる。2,3を加え、さっと混ぜる。
    8 器に7を盛り、手でちぎったバジル、4をのせ、セルフィーユの葉先を散らし、黒こしょうをふる。
  • カトパンのお料理新連載、詳しくは本誌でチェック★

撮影/清水奈緒 ヘア&メイク/平山直樹<wani> スタイリスト/斉藤くみ(SIGNO)、岩崎牧子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Feature

Keywords