ドレスの女らしさを引き立てる! 二法田サトシのウエディングメイク

2018-12-06 15:00
  • 大人ウエディングにおいて、ヘアメイクの二法田さんが、ロマンチックホワイトのドレスとメイクのバランスで最も大切にしたいのは"調和”。ダークカラーをあえて取り入れない選択で表情をやさしげに彩れば、たおやかな幸福感で満ちてくる。大人の可愛げヘア&メイクをレクチャーします。
  • 華麗ながらもマイルドな表情が会場中をハッピーオーラで包み込む

  • 【Make-up】「レッドのレイヤードで幸福感あふれる陰影を」
    顔つきに陰影を宿しながらもやさしげなムードと女性らしさを漂わせることができるレッドを味方につけたメイクがロマンチックホワイトのドレスと調和しながら表情をドラマチックに。
  • ドレス(レンタル)¥250000(エンゾアーニ)・イヤリング(レンタル)¥17000/ミラー ミラー丸の内
  • 【Base&Cheek】上品なつやめきとナチュラルな上気感で魅了
    できるだけ引き算しながら発光肌をつくり込むのがポイント。
    1.コントロールカラー下地を顔の内側から外側に向かって全体になじませる。
    2. 同様にリキッドファンデを薄く重ねる。
    3. 頰骨に沿ってやや高い位置にチークを指でトントンとたたき込んで。

    【Base&Cheek】使ったのはこれ
    1 繊細なシルバーの輝きで高貴なつや肌に。ベーシック コントロールカラー N 01 SPF10・PA+ 30g ¥3500/RMK Division

    【Base&Cheek】使ったのはこれ
    2 薄膜でありながら安心のカバー力。フィルミック スキン EX 全7色 SPF50・PA++++ 30㎖ ¥6000/エレガンス コスメティックス

    【Base&Cheek】使ったのはこれ
    3 内側から上気したように頰を染めるピンキッシュオレンジ。ミネラルクリアリップ&チーク ネーブルオレンジ ¥3500/エトヴォス

    【Eye】赤みが奏でる軽やかな奥行きで可憐な瞳に
    まつげは角度と軽やかさが大切。
    1. 上まつげをカールアップしてアイブロウジェルを全体に。
    2. 下まつげにだけバーガンディのマットマスカラを塗る。
    3. ルナソル マカロングロウアイズの左上と右下を混ぜてアイホールと下まぶたのきわ全体に。黒目の上下に右上を重ねて光をオン。

    【Eye】使ったのはこれ
    1 まつげにも使える透明のジェル。一本一本をコーティングして美カールをキープ。アイブロウジェル ¥2500/RMK Division

    【Eye】使ったのはこれ
    1 レディでやさしげなムードのバーガンディ。マットな質感がまなざしにインパクトを与える。マットマスカラ N 04 ¥3500/RMK Division

    【Eye】使ったのはこれ
    3 ふんわりとした質感がおしゃれなカシスブラウン系のアイシャドウをセット。ルナソル マカロングロウアイズ 01 ¥5000/カネボウ化粧品

    【Lip】ふんわり感とリッチなつやめきを意識して
    みずみずしさあふれるリキッドルージュでフレッシュなつやリップにアプローチ。チップで全体に塗ったあと、唇のアウトラインを指でぼかして、ドレスの雰囲気に寄り添うやわらかなムードも添えて。

    【Lip】使ったのはこれ
    みずみずしいつやめきで魅了するローズピンクのリキッドルージュ。さりげないパールのきらめきが唇をふっくらと仕立ててくれる。リクイッド ルージュ ビジュー 04 ¥3500/エレガンス コスメティックス

撮影/熊木 優〈io〉(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/二法田サトシ〈faccie〉 スタイリスト/浦住弥也子 モデル/三枝こころ 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords