Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. WEDDING
  3. みんなの婚活

恋愛センサーが鈍ったら―「好きな人と結婚したい!」をかなえる9つの提案【前編】

「好きな人と結婚する」ということの難しさに直面している30代読者の悩みに、恋愛研究かのANNAさん、作家の山口さん、イラストレーターの杉浦さんが回答。きっと自分と同じ悩みを持つ人がいるはず。参考にして!

【CASE1】恋愛センサーが鈍ってきている

20代と比べて恋愛センサーが鈍ってきているのを感じる…。昔から恋愛体質ではないけれど、どんどんセンサーが弱くなってます。どうやったら磨けるの? 本当に好きな人と結婚したいので、見つからないと結婚できないのに!(32歳・秘書)
恋愛センサーが鈍ったら―「好きな人と結婚したい!」をかなえる9つの提案【前編】_1
男性に囲まれる場所に行きましょう!(ANNAさん)
男性の多い勉強会や習い事に行きましょう。そこに素敵な男性がいなくてもOKです。男性ばかりの場でチヤホヤされていると、勝手に女性として振る舞うようになり鈍ったセンサーの感度も戻ります。特に、FXのオフ会やサバイバルゲームなど、趣味や興味を介した場がおすすめです!

鈍ったのではなく成熟しただけ(杉浦さん)
むしろ若いころの恋愛センサーは過敏すぎて、相性の悪い相手を好きになってしまうことも。結婚相手を探すには、今の落ち着いた恋愛センサーのほうがいいと思いますよ。相手の人間性も、自分の状況も冷静に判断できるはずです。
婚活中です。たくさんの男性と出会っています。「いいな」と思う方はいるのですが「もっと好きになれる人がいるかも!」と思ってしまい、いまいち決断できません。「絶対にこの人だ!」と思えるまで探すべきか、ある程度いいと思えれば決めてしまうべきなのか悩んでいます。(32歳・CA)
恋愛センサーが鈍ったら―「好きな人と結婚したい!」をかなえる9つの提案【前編】_2
「違和感のなさ」で進む人がいたら決断して(ANNAさん)
いいなと思う相手と何度か会って、違和感がなければ、幸せになれる相手の可能性大です。人は本能でさまざまなことを察知しています。違和感がない相手はとても希少なんですよ。そういう男性と、タイミングや相手の熱意でとんとん進むときは決断のしどきです!

いもしない100点の相手を探す時間がもったいない!(杉浦さん)
100点の相手と出会うのは、極めて稀。探しているうちに時間は過ぎていきますよ。「ここで手を打とう」というわけではなく、最初から100点の相手を探すよりも加点して100点にしていける相手を探すほうが現実的じゃないでしょうか。
今の彼はすごく好きだけど、相手の「変えることができない条件」が気になって結婚に踏み切れません。具体的には、実家が地方で長男であること、相手に離婚歴があることです。結婚すべきか、別れるべきか悩みながら3年過ぎました。(33歳・サービス業)
恋愛センサーが鈍ったら―「好きな人と結婚したい!」をかなえる9つの提案【前編】_3
3年間も決断できないなら結婚はないです(山口さん)
その彼と結婚できるかどうかは、あなたが受け入れられるかにかかっています。でも、3年間それができなかった。もう結論は出ていると思いますよ。好きならとっくに結婚しているはず。相手を受け入れられずに決断できないような結婚は、お互い幸せになれないかも。

問題は条件ではありません。信頼関係こそが大事(ANNAさん)
結婚を考えると、リスクばかり気になりがち。しかし、気になることをじっくり話し合い、お互いの考えや気持ちを理解し合えれば、二人で解決していける可能性は高まります。条件は変えられなくても対処法は変えられる。本質的なポイントは信頼関係の有無です。
最近つきあい始めた彼。自分のことを思ってくれる安心感があり、一緒にいると楽しくて自然体でいられるのでとてもいいな!と思っています。だけど、見た目がまったく好みじゃないんです。体型も顔も毛深さもすべてがタイプじゃないんです。「この人似の子どもが生まれても、可愛いと思えないかも」とひどいことも考えてしまいます。いい人だから、身を引くべきですか?(38歳・接客業)
恋愛センサーが鈍ったら―「好きな人と結婚したい!」をかなえる9つの提案【前編】_4
見た目が生理的に無理でなければOKでしょう(山口さん)
体の関係があるのなら、生理的嫌悪はないのでアリ。結婚に大切なのは、ときめきよりも信頼感。“一緒にいて楽しくて自然体でいられる”なら、見た目のことはあきらめてしまうほうが、幸せになれると思いますよ。

自分で思う“好みのタイプ”は信用できない(杉浦さん)
私も、今の夫は好みのタイプじゃないんです(笑)。でも、友達から“絶対に合っているから”とすすめられてデートし、流れるように好きになり、結婚しました。ずっと一緒にいれば、私のように変わってくるかもしれませんよ?
答えてくれたのは・・・

恋愛研究家 ANNAさん
キャバクラや有名クラブでの勤務、合コンなどで5000人以上の男性と会話。女性にもインタビューし、恋愛の原理を独自に解明。

作家 山口恵以子さん
1958年生まれ。2007年『邪剣始末』で作家デビュー。現在はテレビのコメンテーターとしても活躍中。お見合い43連敗という経験も!

イラストレーター 杉浦さやかさん
ゆるくて可愛いイラストと、杉浦さんならではの視点から描かれるイラストエッセイが人気。著書に『すくすくスケッチ』(祥伝社)など。
複雑な30代女子の結婚事情。後編もお見逃しなく!
イラスト/平松昭子 取材・原文/東 美希

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン