Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. 特集

30代女子リゾート旅おすすめNo.1【コモド島|インドネシア】に冒険すべき理由14

インドネシアは働く30代女子に大人気の旅先です。とくにバリ島は「神々の住む島」ともいわれ、美しいビーチや、日本に比べてきわめてリーズナブルなのにホスピタリティが高く快適なリゾートホテル、豊かな自然を生かした多種多様なアクティビティ、今なお継承されるヒンドゥー教の伝統文化など、旅のお楽しみがたくさん待っています。「レジャーにショッピングにスパにグルメ!」とあちこちモリモリ楽しみたいアクティブさんも、「とにかくゴロゴロしてのんびり癒されたい...」というマイペースさんも大満足のデスティネーション。バイラ編集部員もみんな、インドネシア旅が大好きです。

バリ島やジャカルタの「その先」に行ってみませんか?

ある程度旅慣れた30代働く女子のみなさまに、新時代の旅先としてぜひ一度、訪れてみていただきたいのが、定番のバリ島やジャカルタの“その先”! 今回ご紹介するのは、インドネシア南東に位置するヌサ・トゥンガラ諸島にあるフローレス島の【コモドエリア】です。
世界一大きなトカゲ、コモドドラゴンが唯一生息するコモド島をはじめとした島々や美しい海、サンゴ礁など、豊かな自然に育まれた独特の生態系は「ユネスコ世界自然遺産」に登録されるほど希少なもの。また、世界で最も有名な海洋保護エリアでもあるため、ダイビングやシュノーケリングの絶景スポットとして、世界中のマリンラバーの憧れを集めているんです。
これまでは、行き方も滞在先もきわめて限られていましたが、昨年オープンしたばかりの5ツ星リゾートホテル「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」を拠点にすれば、(暫定世界一の)超充実したリゾートトリップが楽しめちゃいます! 今回は「アヤナ コモド リゾート」のご紹介も兼ねて、多少無理をしてでもコモドエリアへ冒険に出かけるべき理由が14もありましたのでぜひご覧ください!

人生が変わる!? 30代女子がフローレス島・コモド地区を目指すべき14の理由

安心して滞在できる万能ホテルができたから! 「アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ」が完成したラブアンバジョーまでは、バリ島から約1時間半ほどのフライトでぴゅん! 唯一の5ツ星ホテルです★★★★★ レストラン&バーやプール、スパ、マリンスポーツ施設などがぜーんぶ揃っているので、ここを拠点に、コモドエリアの青い海&青いサンゴ礁&青い空&ワイルドな大自然をたっぷり満喫しちゃいましょう!
360°海に囲まれながら朝ヨガできちゃうから! 「アヤナ コモド リゾート」のステイは早朝から大充実! ジム前のデッキで海を前に、朝日を浴びながら、デスクワークやPCワークで縮こまりまくった体を伸ばす開放感たるや筆舌に尽くしがたく、初日からリフレッシュ確実! インストラクターもついてくれるので、大自然への冒険前にじっくり体をほぐしましょう。
“現代の恐竜”コモドドラゴンに会えるから! 世界最大のトカゲともいわれるコモドオオトカゲは、コモド島やリンチャ島など、ここにしか生息していない超希少種。体長200㎝~300㎝・体重70~166kgにもなる巨体さんです。地べたに大の字になって日光浴をしている無防備な姿は微笑ましい限りですが、かなり強めの肉食爬虫類(バッファローとケンカしたら勝つらしい!)なので、ガイドレンジャーの指示に従って観察しましょう。
国立公園のガイドレンジャーが、効率的に楽しく大自然を案内してくれるから! コモド国立公園には、世界遺産である自然や野生動物の環境保護と観光客の安全保持のため、専任のガイドレンジャーがいます。グループの規模ごとに数人がついて、コモドドラゴンのユニークなライフスタイルについて、詳しく楽しく、英語でいろいろ教えてくれますよ。コモドドラゴンと写真も撮ってくれる頼もしい存在。仲よくしてね。
砂浜が、世にも珍しいサンゴ色だから! コモドドラゴンと並ぶもうひとつのマストは「ピンクサンドビーチ」訪問。なんと、赤いサンゴのかけらが波打ち際に寄せられてピンク色に見える砂浜(=ピンクサンドビーチ)が、いくつかの島に点在しているんです! ご覧ください、iPhone7で撮影&無修正でもこのように青い海を!!! ちなみに波打ち際に入るとすぐ、あらゆる魚がスイスイ泳いでいます。
クルーズ船チャーターで、自分だけの一日がカスタムできるから! コモド島へもピンクサンドビーチへも、クルーズ船をチャーターして出かけます(ホテルで申し込めばOK)。陽気で誠実なクルーのみなさんが、あなたの行きたいところへ安全第一で連れて行ってくれますよ。その日の風の強さや波の高さで訪問できる島が限られてくるので、相談しながらクルーズを楽しみましょう。
初心者でも楽しめるビーチアクティビティが充実しまくっているから! ホテル前の海はとっても静かで凪いでいるので、サーフィンボードの上に立ってオールを漕ぐSUPスタンダットパドルやカヌー、もちろんサップヨガも楽しめます! 海との距離が本当に近いので、自然とのハーモニーを感じ、リラックスしながら心身のバランスを整えることができます。
熱帯魚もサンゴも、すぐ目の前に体感できるから! 世界で最も有名な海洋保護区にあるコモドビーチリゾート。ちょっと砂浜から離れるだけで即、信じられないような絶景の水中風景に囲まれています。グラスボート「アヤナ ラコ タカ号」やシュノーケリング、マリンウォーク(=顔を濡らさずに水中散策できる!)で、魚やサンゴと触れ合ってください。ちなみに写真は「ナウシカの世界(=腐海)のようだ!」と喜々として船底をのぞきこむゲストたちの図。
無形文化遺産のピニシ帆船で宿泊クルーズできちゃうから! ホテルが所有するピニシ帆船「アヤナ ラコ ディア号」を駆使すれば、なんと、コモド諸島の海域を宿泊しながらクルージングできちゃうんです! 9室のスイートルームに、食事もマリンアクティビティ用の器材も、滞在に必要なギア類を完備し、さらに本格的なスパトリートメントも可能。コックもセラピストも専任クルーとして乗船してくれるんですって。まさに「海上移動型5ツ星ホテル」です!
本当に大切な人たちとだけ過ごす、超スペシャルなウェディングができるから! 「アヤナ ラコ ディア号」はプライベートなウェディングに全力でおすすめです。お部屋には、バスルーム・シャワー・シンク・お手洗いを完備! 69㎡のマスタースイートルームは新郎新婦に、ラグジュアリースイートルーム6部屋はゲスト同士でシェアしてはいかがでしょうか? きっと世界一親密な思い出深いハネムーンが実現することでしょう♪
本気で映画「タイタニック」ごっこができるから! 見学するだけでも感動する「アヤナ ラコ ディア」号。帆が巻き上げられていた&波も風も凪のタイミングで、思い切って先端へ! 自分の前に360°、空と海と島しかない感動体験ができました。風や波の状況など、天候に注意しながら、クルーの指示に従って安全に過ごしてくださいね(デッキの下はすぐ海!)。
ホテル婚も充実しているから! ホテル4Fの「ククサンテラス」では、あらゆる宗教スタイルでの挙式が可能です。ホテル前にたたずむパーフェクトな三角形の島、ククサン島の陰に沈む夕日に誓う愛は、間違いなくとっておき&永遠です♪ 式のあとはそのまま、後方に控えるバンケットルームで披露宴を。ウェディングコンサルタントがとっておきの式をプランニングしてくれますよ。
サンセットが「死ぬまでに見るべき絶景」だから! バリ島もそうですが、コモド島ももれなく世界有数の夕景の名所と断定します。「アヤナ コモド リゾート」は全室オーシャンビュー。自分の部屋からスマホで撮影するだけでも、ドラマチックなサンセットタイムをキャッチできます(これもiPhone7で撮影&無修正)!
24時間365日、どこを切り取ってもフォトジェニックだから! 暗くなったらおしゃべりの時間! 気のおけない仲間たちと、プールサイドでのんびり、その日に獲れたフレッシュな魚介類をふんだんに使ったディナーや、色鮮やかな南国のカクテルを楽しみましょう。暗くなっても、ホテルはどこでもフォトジェニック! スマホのシャッターが止まりません。

ホテルをベースに、リゾートライフを満喫しつくしましょう!

いかがでしたか? 4月末~5月頭に予定されている夢のゴールデンウィーク10連休をはじめ、2019年は大型連休が目白押し! ぜひ、次のバカンスには、コモドエリアを検討してみてはいかがでしょうか? 海も緑もサンゴ礁も動物たちも本当に距離が近いので、日本でめまぐるしく働いていると気づきにくい、地球の自然の豊かさや大切さをひしひしと感じることができます。降水量の少ない5~9月が気候も安定していておすすめ。自分だけのリゾートライフをぜひ、カスタムしてみてくださいね!

【合わせて読みたい】コモド島へのアクセスはこちら

【合わせて読みたい】インドネシア旅、何着てく&持ってく?

取材・文/沖島麻美 協力/アヤナ コモド リゾート ワエチチュ ビーチ ※ご紹介している情報は2018年10月時点のものです。ご予約や旅のプランなど最新の情報は「アヤナ コモド リゾート」公式サイトをご覧ください。