Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle

隣の芝生が青く見えたら【関西おばちゃんマインド】で悩みすっきり!

明るくてポジティブな人を見ると、ネガティブな自分と比べてうらやましくなる……といった悩み。精神科医の名越康文さんとノンフィクションライターの森 綾さんが、関西のおばちゃんになり代わって、 BAILA読者のお悩みをバサバサ斬ります! 「そんなに悩まなくてもいっか」 と思える名言がたくさんです。

隣の芝生が青く見えたら【心に関西おばちゃん】思考を!

関西おばちゃん-1

1/10

関西おばちゃん-2

2/10

関西おばちゃん-3

3/10

関西おばちゃん-4

4/10

関西おばちゃん-5

5/10

関西おばちゃん-6

6/10

関西おばちゃん-7

7/10

関西おばちゃん-8

8/10

関西おばちゃん-9

9/10

関西おばちゃん-10

10/10

ついくらべちゃう1 ママ友の旦那さんが子育てに協力的で寝かしつけまでできると聞いて、わが家の夫と比べてしまう...(35歳・飲料メーカー) そういう旦那って、嫁がうまく育ててることが多いで。あんたも旦那の いいとこ褒めて、手伝ってくれたら大喜びして、育ててみ。(ノンフィクションライター 森 綾さん)
ついくらべちゃう2 生き生きと楽しそうに仕事をしている友達。 自分は一般職でたいしたこともしてないし、 お給料も高くなくて。そして学歴が高い人もうらやましい(34歳・証券会社) それなら自分からワクワクすること探さなあかん。とりあえず今日はおいしいもん食べてはよ寝ーや。
ついくらべちゃう3 可愛くてキレイな容姿の女性を見ると、彼氏にもこんなブサイクな彼女で申し訳ないと思ってしまいます (32歳・無職) 「あんまり可愛くないけど、彼は私のこと好き なんです〜」って。よかったやん!おめでとう!
ついくらべちゃう4 年賀状などで同級生が家を買った ときや子どもが生まれた報告を見るとすごいなあと思うと同時にちょっとへこむ (37歳・接客業) こういうときは"自分に価値があるな"って思えることをやるねん。 そしたら元気になったりすんねん。自分にお金使い!(精神科医 名越康文さん)
ついくらべちゃう5 ブランドものなど高価なものを持っている人を見るとうらやましい (34歳・商社事務) その人もそんなにお金持ってないと思うで。 ブランドもんいっぱい買ってお金なくなってるはずやもん。(ノンフィクションライター 森 綾さん)
ついくらべちゃう6 結婚して、子どもが4人いるけど、可愛くて仕事も できて気が利く人を見たとき。独身にとっては そういう人の家庭がものすごく青く見える(30歳・歯科医師) そんなこと悩む暇あったら性格くらいよくせんと。暗い顔はコワく見える。 男はみんな臆病やねんから誰も寄りつかへんの。笑顔やで笑顔。(精神科医 名越康文さん)
ついくらべちゃう7 代々弁護士の家系へ嫁いだ友人。出産した 自分へのプレゼントとして高価なネックレスを 購入する際に立ち会ったときはうらやましいと 思ってしまった(34歳・医薬品商社) えらいプレッシャーのなかで生きてはんねん やろなあ。そんな家、絶対つらいで。(精神科医 名越康文さん)
ついくらべちゃう8 妊活をしていたとき、友人の妊娠や出産を 素直に喜ぶことができませんでした(29歳・事務) 友達に「おめでとう」は言ってあげよな。 いい言葉はまたあなたに返ってくるよ。(ノンフィクションライター 森 綾さん)
ついくらべちゃう9 明るくてポジティブな人を見ると、ネガティブな自分と比べてうらやましくなる (29歳・事務) そのままでええから、誰かの役に立ちなさい。 それ、難し言葉で貢献っていうねんで。 誰かを幸せにできれば解決するで。(精神科医 名越康文さん)
ついくらべちゃう10 Instagramで夫や子どもとの家族愛を語る系の子の投稿や、仕事に成功している、大好きな会社の人たちに囲まれ愛されている、という投稿を見かけると、なんだかうらやましく感じる。実際はその内容より、その子の素直に表現する性格に憧れているのかも... (31歳・建築設備メーカー) 本当に充実してる人は「大好きな会社の人たちに囲まれて 愛されているわ」みたいなこと、露骨に書くかな?(ノンフィクションライター 森 綾さん)
関西おばちゃん-1
関西おばちゃん-2
関西おばちゃん-3
関西おばちゃん-4
関西おばちゃん-5
関西おばちゃん-6
関西おばちゃん-7
関西おばちゃん-8
関西おばちゃん-9
関西おばちゃん-10
 
教えてくれたのは……
精神科医 名越康文さん
奈良県生まれ。情報番組「シューイチ」(日本テレビ系 日曜7時30分〜)をはじめとするテレビ・ラジオでのコメンテーターや、映画評論、漫画分析なども。
著書:『生きるのが "ふっと” 楽になる13のことば』朝日新聞出版 1400円

ノンフィクションライター 森 綾さん
大阪市旭区生まれ。スポーツニッポン大阪の新聞記者からFM802編成部員を経て、独立。人物インタビュー、エッセイ、コラムなどを女性誌を中心に連載中。
著書:『大阪のおばちゃんの人生が変わるすごい格言一〇〇』SBクリエイティブ 1200円
イラスト/香川尚子 取材・原文/東 美希 ※BAILA2019年4月号掲載