Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン

半袖orノースリーブウェアが毎日着こなしのデフォルトになるシーズンがやってきました。夏の冷房対策や日焼け防止対策に“+α”一枚さらっと羽織れる、薄くて軽いカーディガンが重宝するシーズンです。BAILA5月号&@BAILAでも、先だって素敵なカーディガンを特集し↓たくさんの方に見ていただきました!
BAILA(バイラ)編集部の2019年夏カーディガンのイチ推しは、ショート丈もロング丈も、軽くてやわらかな“極薄”タイプ。ふわりとまとうような感覚で女っぽさを高めてくれるのがおすすめの理由です。何枚あっても困らない真夏のワードローブなので、着回しのきく高コスパなタイプに出合えたら、積極的に買い足していきたいですよね。

ユニクロ(UNIQLO)で極薄カーディガンを探した結果:メンズで発見!

そこで大好きな【ユニクロ(UNIQLO)】をパトロール中に発見したのが、メンズのエアリズムUVカットカーディガン↓です。
夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_1
エアリズムUVカットカーディガン(長袖)¥1990/ユニクロ
スーピマ®糸を使ってつるりとクリーンな質感に仕上げたジャージー素材のカーディガン。オーソドックスなVネックで、メンズらしいボックス型のシルエットです。【ユニクロ(UNIQLO)】夏のアイコンであるエアリズム機能と、紫外線を90%カットして日焼けから肌を守るUVカット機能をダブルでプラスした優れものです。

真夏も快適! エアリズム&UVカットのダブル機能つき

夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_2
素材はコットン(74%)+ポリエステル(26 %)の混紡です。ドライ(=汗をかいても洗濯をしても乾きやすく、いつもサラリとした肌ざわり)・接触涼感(=ひんやりと爽快な着心地)・抗菌防臭に加え、なんとUPF40のUVカットつき。じめじめした梅雨や暑い真夏にうれしい機能が満載なんです。
夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_3
首の後ろのタグがないので、素肌に直接着ても痛くありません。ブラック、グレー、ダークグリーン、ネイビーの4色展開ですが、エディター沖島は手持ちの夏ワードローブに合わせて着回しやすそうなブラックで、トップスが大きめサイズでもきゅうくつ知らずで羽織れるやや大きめのMサイズをチョイス。

ポケットつきなのにすっきり見える!

夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_4
このカーディガンを購入した動機その②は、両サイドにポケットがついていること。とくにレディースのカーディガンには、ウエストラインあたりの前部分に2つポケットがついている場合が多いですが、これはサイドの切り替えライン上にあしらわれているので、すっきり見えるのです。

UVカットエアリズムカーディガン(メンズ)を女子が実装!

では実際に着てみます。身長166㎝&骨格診断ストレートの沖島がふつうに着ると↓こんな感じです。
夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_5
フロントボタンを閉じ、一枚でVネックトップスのように着ると、インナーに着ているジーユー(GU)のタンクトップ型ブラフィールの胸元レースがちょこっと見える程度。シャツ、ブラウス、Tシャツなど、トップスの生地やデザインにもっとボリュームが出てくるとジャストサイズに見えるサイズ感だと思います。XS~4XLまで8サイズを展開しているので、もっとコンパクトに着たい女性はXSやS、ルーズシルエットで羽織りたい方はサイズを大きくしていくとよいでしょう◎。

コーディネート①:ノースリーブトップスに合わせて真夏の冷房&日焼け対策!

夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_6
屋外では日焼け防止、屋内では冷房対策にと、真夏も大活躍が期待できます。薄手でやわらかい割にフレーミングがしっかりしているので、写真のように肩掛けして歩いてもずれにくく、ハンサムなたたずまいに。

コーディネート②:一枚でトップスとしても着られる!

夏の冷房&日焼け対策に超おすすめ♡【ユニクロ(UNIQLO)】メンズのエアリズムUVカットカーディガン_7
小さめサイズなら、前のボタンをすべて閉じ、一枚でVネックカットソーのようにも着られます。両サイドにポケットがついていますが、本当にごくごく薄手なのでウエストをボトムに入れてももたつかずスッキリ。通勤コーデにも活用できます。
個人的には、夏の薄軽はおりとしてよく見かけるコットンニット素材のカーディガンよりも、シワになりにくく、引っ掛けや毛玉などのダメージが表面に出にくく、しかもTシャツと同じように自宅の洗濯機で気兼ねなく洗える(洗濯表示は“手洗い”推奨)ほぼパーフェクトな夏のワードローブとして期待しています。ウィメンズにたくさん揃っているカーディガンももちろんおすすめですが、ぜひメンズのほうものぞいてみてくださいね!

【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)で買うべき真夏のワードローブリスト

取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムはすべて私物で、記事には個人の感想が含まれます。また、価格や在庫状況を含む商品情報は5月下旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。 最新の情報は店頭または公式オンラインサイトでご覧ください。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン