Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion

【ビットつきローファー9選】NOTほっこりな細身が今年っぽい!

オンにもオフにも使えるこの秋の大注目選手・ビットつきローファー。味のあるレザーやカジュアルダウンできるスエードなど、今季は素材も豊富。2人のスタイリストがセレクトした9アイテムから自分が使いやすい一足を手に入れて。

トレンド派AYAこと
スタイリスト 石田 綾さん
BAILAをはじめとした多数の女性誌やメディアで幅広く活躍中。トレンドをいち早く取り入れる感度の高さはピカイチ。辛口ながらも女っぽい私服に定評あり。
 

ベーシック派SAYAKAこと
スタイリスト 川上さやかさん
数々の女性誌やカタログでひっぱりだこの敏腕スタイリスト。7年間OLを務めた経験から生み出されるリアルで実用的なスタイリングが毎シーズン大評判!
 

【セレクトポイント】

・甲が深め
・ぽってり見えない細身のフォルム
・モカシン縫い(アッパーのU字部分)の凹凸が控えめ

トゥモローランド

ドレスシューズを思わせるスマートなルックス

アッパーのU字部分を限りなくフラットに見せつつ、女らしいアーモンドトゥで上品に仕上げた一足。マニッシュすぎないデザインはローファー初心者にも。(2)¥21000/トゥモローランド(トゥモローランド 0)

ル タロン グリーズ

こなれ顔のブラウンスエードはカジュアルにお似合い

こっくりとしたブラウンは合わせやすいだけでなく、今っぽさもあるのが魅力。かかとを踏んでラフに履いてもOK。足にやさしいクッション入りのインソールがうれしい。(2)¥12000/ルタロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)

ローファー

履くほどに味が出るスエードなら端正なローファーもお堅く見えない。やさしげな色合いにゴールドビットが華やかさを上乗せして。(2)¥16000/デミルクス ビームス 新宿(マリオン トゥッフェ)

FABIO RUSCONI for ANAYI

コクのある絶妙なグリーンでおしゃれ上級者を装って

長めのノーズとスクエアトゥで足をほっそりシャープに。つやのあるレザーがリッチ感を後押し。(3.5)¥28000/エッセンス オブ アナイ(FABIO RUSCONI for ANAYI) 

NT OPENEND

つややかなパテントにバータイプのビットがなんとも小粋な一足。(1)¥23000/伊勢丹新宿店(NT OPENEND)

カミナンド×ナノ・ユニバース

おしゃれプロたちにも人気のシューズブランド・カミナンド。周りに差をつけるなら秋冬にこそ映えるクリーンな白を。(2)¥18500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(カミナンド×ナノ・ユニバース)

銀座かねまつ

シンプルな装いのワンポイントに取り入れたい、クラシカルな千鳥格子柄。モノトーン配色だからボトムの色を選ばず使える。(1.5)¥18000/銀座かねまつ6丁目本店(銀座かねまつ) 

ファビオ ルスコーニ

よりマニッシュに転ばせたいならクロコ風の型押しタイプがおすすめ。(4.5)¥35000/ファビオ ルスコーニ 有楽町店(ファビオ ルスコーニ)

BILLIBI

ミニマルなシルバービットがほんのりモードな足もとを演出

くたっとした柔らかなレザーや、かかとが踏めるバブーシュ風のデザインが快適な履き心地を約束。(1.5)¥29000/ロペ マドモアゼル(BILLIBI)

撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/石田 綾、川上さやか 取材・原文/野崎久実子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位はcmです ※BAILA2019年10月号掲載

Feature特集