Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

桐谷美玲がしなやかに着る!2019秋冬トレンドの「レオパード柄」

この秋冬、小物から洋服までさまざまなバリエーションで登場している"レオパード柄"。主役として着こなすときも、 脇役として取り入れるときも、どこかにやわらかさを感じさせるひと工夫で女らしさと大人らしさを両立させて。

上質なシルク素材が描く、大人な表情を味方に

桐谷美玲がしなやかに着る!2019秋冬トレンドの「レオパード柄」_1

総レオパード柄のコートは微光沢なシルク素材でハードさを緩和し、大人シフト。トップスと色のトーンを合わせたりと、着こなし全体への溶け込みを意識して。「オーバーサイズのふんわりとしたシルエットに対し、ボトムはタイトにすることで女らしさがきわだちました。大きな面積で取り入れるときもちょっとしたことで着やすさが増しますね!」。
コート¥320000・パンツ¥210000/マディソンブルー カットソー¥11000/エイトン青山(エイト ン) 靴¥ 32000/デミルクス ビームス 新宿(ジャラン スリウァヤ)

添えるレオパード柄は、やわらかな色出しで汎用性高く

桐谷美玲がしなやかに着る!2019秋冬トレンドの「レオパード柄」_2

淡いベージュのセットアップにも浮かず埋もれず、すんなりなじむソフトなカラーリングが魅力的。「私服だと、小物で合わせることが多いレオパード柄。このバッグのようなトーンを選べば主張しすぎず、ほどよいアクセントになり、着こなしも選ばずに持てるのでいいですね。カジュアルななかに女らしさも香り、今の気分にもマッチします」。
バッグ¥53000/アマン(ア ヴァケーション) シャツ¥17000・パンツ¥14000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(スタイル フォー リビング)

レオパード柄を取り入れるときは女らしさややわらかさを残したい

もう何度目のブームなんだろう? 私の中でレオパード柄と聞いてイメージするのは小学生当時にはやっていた漫画『GALS!』と浜崎あゆみさん。’90年代のまだ子どもだった私は「派手だな〜」という思いと同時に、ちょっと着てみたい気になる柄という気持ちを持ち合わせていました。そしてこの秋冬も再びトレンドとして回帰。サカイの展示会では、友人の河北麻友子さんと色違いのレオパード柄のワンピースをオーダーしました。麻友子はよくレオパード柄を着ていて、ほかにもスタイリストさんが素敵に着こなしていたり、周りの人たちから取り入れ方のヒントをもらうことも多いです。そのなかで、最も意識したいのは女らしさややわらかさを残すこと。派手なだけで終わらず、今年で30歳になる私にちょうどいいバランスを見つけていきたい。黒が多い私のワードローブともすごく相性がいい柄なので、この秋冬で得意にならない手はないですね!(笑) 

撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/桐谷美玲 コーディネーター/武藤 彩 構成・文/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載