Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

春の<首元>を今っぽく盛ってあか抜けフェミニンになるコツ

洒落感アップを狙うなら首、手首、足首の3首スキマを押さえるのがコツ。アクセ使いからレイヤード術まで、あか抜けフェミニンに近づく盛り方をマスターしよう。首元はロングネックレス重ねづけや柄スカーフを用いればより今っぽい!

NECK[首]盛りコーデのコツ

シルバーチェーンのネックレスとシャツコーデの比留川游

シルバーチェーンを素肌にのせて女っぽく

ハードなイメージが強いシルバーチェーンは、無骨さをほどよく抑えたスマートなデザインを選択。使い勝手がいいのが、やや短めのネックレス。肌感のある女らしい着こなしに合わせることで、色香を醸すほんのりモードなたたずまいに。ネックレス¥62000・ピアス¥41000/ステディ スタディ(トムウッド) シャツ¥23000/トラディショナル ウェザーウェア GINZA SIX店(トラディショナル ウェザーウェア) タンクトップ¥7800/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ピアス/スタイリスト私物

シースルーのカットソーコーデの比留川游

透ける素材できれいな色気を仕込む

この春、大注目のシアーなアイテムはレイヤードスタイルで上品に、どこかセンシュアルに楽しむのが大人のたしなみ。シースルー仕立てのカットソーなら、シャツと重ねても重たくならず、今年らしい洒落感をしっかり発揮してくれる。淡めトーン同士でなじませるのが、きれいな表情に仕上がるコツ。カットソー¥18000(ロエフ)・シャツ¥29000(フレームワーク)/フレームワーク ルミネ新宿店 バングル¥35000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード)

ロングネックレスの重ねづけコーデの比留川游

ネックレスの重ねづけは地金ミックスで自由に

久しぶりに復活したロングネックレスは、気負わずに思い切って重ねづけして楽しみたい。あえて長さや色をそろえずに自由にミックス。ノールールなレイヤードが、コンサバ感を一気に払拭して感度高めの着こなしへと導いて。ネックレス(シルバー)¥18000(マリハ)・(ゴールド)¥14000(マリア ブラック)/ショールーム セッション スウェット¥29000・中のカットソー¥10500/スローン ブレスレット¥32000/スタージュエリー丸の内店(スタージュエリー)

バンダナ風の柄スカーフコーデの比留川游

柄スカーフは小さめサイズでさりげなく

最初から細めにデザインされたバンダナ風のスカーフをシャツの胸元に投入。首もとにくるりと巻いてもほどよいボリューム感で、大げさな印象にならないのがうれしい。シックな配色を使ったレトロモダンなトライバルプリントはトレンド感も満点。スカーフ¥11000/アマン(アルテア) ブラウス¥9900/ノーク ピアス¥20000/LON inc.(LON) ブレスレット¥13600/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ジュエリー) バッグ¥37000/オルサ(オルセット)

コインモチーフのネックレスコーデの比留川游

こなれ感を盛るなら注目のコインモチーフを

アンティークを思わせる味のあるコインネックレスがジャケットスタイルに絶妙な抜け感をプラスして。ネックレス¥13000・チャーム¥8000・イヤカフ(上)¥8000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) シングルピアス(下)¥58000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) ジャケット¥18000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) カットソー¥8900/エイトン青山(エイトン) パンツ¥8800/ミラオーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン)

撮影/黒沼 諭〈aosora〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/大平典子 モデル/比留川游 取材・原文/野崎久実子 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年3月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン