Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【新型コロナ時代の初心者向けランニング講座③】走るときはスポーツブラで胸カバー!ラン達人女子直伝・スポブラの上手な選び方

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、緊急事態宣言解除後も、在宅中心・自粛型ライフスタイルがしばらく続きそうです。運動不足解消やダイエット・健康維持などを目的とし、手軽にできるランニングやジョギング・ウォーキングなどをする方が増えていますが、感染防止対策および夏の熱中症や日焼け対策に可能な限り配慮しながら取り組みたいもの。そこで、ランニングを極めたワーキング女子【RunGirl(ランガール)】に監修いただき、新型コロナ時代のビギナー向けランニング講座を短期集中連載。第3回目は「シューズ同様、絶対に専用のものをつけて走ってほしい!」とRunGirlメンバーが口をそろえながらも初心者が意外と見落としがちな超重要アイテム・スポーツブラ(スポブラ)の上手な選び方をお届けします。

【ランを知り尽くす最強メンツ♡ ご協力いただいた「RunGirl(ランガール)」メンバーのクリエイターのみなさま】
宇田川佳子さん(フリーランスPR&マネージメント)、影山桐子さん(エディター)、加藤祐美さん(金融関係勤務)、工藤満美さん(スタイリスト・ファッションスポーツディレクター)、柴田 玲さん(フリーアナウンサー)、青木 郁さん(フォトグラファー)、入江由起さん(看護師)、大島めぐみさん(マラソンランナー)、大橋清美さん(デザイナー)、大原里絵さん(ビューティモデル)、くらさわかずえさん(モデル)、平林芙美江さん(アスレティックトレーナー)、長井かおりさん(ヘアメイクアップアーティスト)

1.ランの達人がスポーツブラ着用を力説する理由と選び方

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 1.ランの達人がスポーツブラ着用を力説する理由と選び方

RunGirlメンバーのみなさまが街中をラン中、足もとのスニーカー同様とっても気になるのが、初心者ランナーと思しき女性たちの“無防備にわさわさ揺れている”胸もとなのだそうです...(>.<)。私たちの胸(おっぱい)は、デコルテや脇からを胸にかけて吊り下げるように支えながら、乳房が垂れないように形を保つ役割を担う“クーパー靭帯”の力で、上向きで若々しいきれいな形を保っています。しかし、かのクーパー靭帯は、硬く伸縮性に乏しいという超弱点があり、運動による揺れや衝撃で簡単に伸びてしまい、しかも一度伸びてしまうと二度と元に戻らないんです...! 大切なクーパー靭帯さまになるべく負荷をかけないよう「運動時はぜひバストの最強ガーディアン・スポーツブラを着用して、しっかりバストを守ることが大切」と口をそろえて力説するRunGirメンバーのみなさまに、スポブラの選び方を聞きました。

スポーツブラは強度が選べる! ラン用ならミディアム〜ハイサポートタイプを

●スポーツ専用ブラがベター。設計構造と胸のホールド力がまったく違います!(長井さん)
●多くのスポーツアパレルのブラトップは“ライトサポート(強度弱め)・ミディアムサポート(中間)・ハイサポート(強度きつめ)のラインナップがあり、ランニング用ブラはミディアム〜ハイサポートから選ぶのがおすすめ。“脱ぎ着が楽だから”といって、やわらかい素材のライトサポートを選ぶのはおすすめしません(ヨガやピラティス用です)。自分がする運動強度に合うブラを選ぶのが、美しい体型を維持することにつながります(入江さん)
●走るならばハイサポートタイプを選び、絶対に胸を揺らすべからず!(影山)
●近所を少し走る程度なら、少し強度の低い、やわらか素材のもののほうがラクです。少し長い距離やレースに挑戦するようになったら、よりホールド感のあるものを(柴田さん)
●ランはヨガなどより上下の揺れが激しいので、ホールド力がしっかりしているものを選びます(青木さん)

スポブラを選ぶときに注意すべきはホールド力!

●ランニングシューズ同様、必ず試着して、自分の体に合うサポート力の高いものを(加藤さん、くらさわさん)
●胸のホールド感はもちろんですが、アンダーバスト(胸郭)への締めつけが強すぎないかどうかも必ず確認を。ランニングで呼吸を大きくなると胸郭と肋骨も広がるため、アンダーが苦しいと呼吸もしづらくなってしまうので注意(工藤さん)
●サポート力がゆるいと、バストが揺れて肌が擦れ、傷ついてしまう原因になります(大島)

下着に見えない色選び、バックデザインetc.,スポブラ選びの意外な盲点

●Tシャツやノースリーブから見えることも多いので、ベージュなどいかにも下着っぽい色を選ぶよりも、単体で見せてもいい色やデザイン、さらに手持ちのトップスとコーディネートしやすい色を選ぶとつけるのが楽しくなります♡(柴田さん)
●バックデザインにも注目! 肩甲骨が開いたYバック型ストラップタイプのほうが、腕を振る動きがしやすく走るときに快適です(工藤さん)
●締めつける感じがダメな方は、サポート力の弱いタイプや、あえてサイズが大きいものを選ぶのも手。また、長時間着用する場合は絶対に汗冷えしにくい吸湿・放湿・速乾性に優れたものを(大橋さん)
●多くのスポブラに使われている高機能素材は経年劣化速度が早いので、しばらくつけていない古いものは潔く捨てて、常に新しいものを!(入江さん)
●ホールド力の高いスポブラは、つけ始めて慣れないうちは必ずといっていいほど肩が凝るような違和感があると思いますが、つけているうちに体になじんでくるので着用をやめないで(大原さん)

2.RunGirlメンバーおすすめ・ビギナー向けスポーツブラ3選

ワコール(Wacoal)「CW-X スポーツブラ_RUN」¥6490〜(税込)

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 ワコール(Wacoal)「CW-X スポーツブラ_RUN」¥6490〜(税込)

●ランジェリー専門ブランドならではの安定性・ノンワイヤーで擦れない・アンダーバストがホックで調整できるなど、推せるポイントがいっぱい!(平林さん)

吸汗速乾素材を採用。独自の5方向サポート機能を搭載し、バストの揺れを軽減。また、内蔵成型カップが丸くてきれいなバストシルエットをキープ。マラソン・ジョギング・球技など、走ったり跳んだりするスポーツにおすすめ。「CW-X スポーツブラ_RUN」¥6490(税込)〜/ワコール

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 ワコール(Wacoal)「CW-X スポーツブラ_RUN」¥6490〜(税込) ホック

実はアンダーバストのバック部分にホックつき! 2段階に調整できて楽です◎。

ワコール「CW-X」公式サイトへ

ルルレモン(lululemon)「Run Times Bra(ランタイムズブラ)」¥9500(税込)

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 ルルレモン(lululemon)「Run Times Bra(ランタイムズブラ)」¥4500(税込)正面

●カップの形がとてもきれいなので、上からTシャツやアウターを着ても女性らしい丸みのあるシルエットに仕上がります。薄着になりがちなランニングコーデのときこそ、つけるだけでスタイルアップに直結!(入江さん)

吸汗&放湿・速乾性に加え、四方向に伸びる4WAYストレッチ素材を使用。サポート力とカバー力がありながら胸を押しつけないスマートなラン用ブラ。ルルレモン(lululemon)「Run Times Bra(ランタイムズブラ)」¥9500(税込)¥9500/ルルレモン

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 ルルレモン(lululemon)「Run Times Bra(ランタイムズブラ)」¥4500(税込) 後ろ

●サポート力の高いスポブラですが、ホックつきタイプなら、普通のブラジャー同様の構造なので初心者でもつけやすいですし、プルオーバータイプに比べ、汗を大量にかいていても着脱がラクですよ(加藤さん)

【ルルレモン(lululemon)】公式サイトへ

ユニクロ(UNIQLO)「エアリズムブラタンクトップ」¥1990(税抜)

新型コロナ時代の初心者向けランニング講座 ユニクロ(UNIQLO)「エアリズムブラタンクトップ」¥1990(税抜)

●ホールド力の強弱に関わらず、シーム(縫い目)と肌と擦れてかゆくなったり痛くなったりすることがあるのですが、縫い目のないシームレスなこのブラはストレスが少なめ。カップの形もほどよくきれいで、上からTシャツを着ても美しいバストラインに。また、洗濯してもすぐに乾くので、夏場はとくにおすすめです◎(工藤さん)

汗をかいても洗濯しても乾きやすいドライ機能を備えた生地を採用。肩甲骨の動きを妨げないレーサーバックデザイン。エアリズムブラタンクトップ¥1990/ユニクロ

【ユニクロ(UNIQLO)】公式サイトへ

心身の健康維持に、ダイエットに、アンチエイジング美容にetc.、メリットしかないランニング。新型コロナウイルス感染拡大防止のために必要なマナーを守り、熱中症や日焼け対策にじゅうぶん留意しながら、自分のペースで楽しく走り始めてみませんか? 次回(第4回目)は、ランと合わせて行えばより効果的な、走る前後のウォーミングアップ&クールダウン運動編をお届けしますのでお楽しみに♡

ランで人生を豊かに♡【RunGirl(ランガール)】公式サイトへ

監修/一般社団法人ランガール 取材・文/沖島麻美 ※本記事は2020年6月中旬の社会情勢や情報をもとに作成しています。

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン