Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

大人がこの秋買う透けトップス、ブラウンを選ぶのが正解!

誰にとっても定番のブラウンも、素材や柄でちょっと変化をつけるだけで新鮮なムードに。リアルに見えて女っぽい、それらを叶えてくれるのはやっぱり「透け」アイテム。スタイリスト加藤かすみさん&エディター伊藤真知さんが最旬ブラウンをお届けします。

私に似合う「ブラウン」の見つけ方はこちら!

上品な女っぽさが手軽に《“透け”ブラウン》

Kasumi's POINT
「白では生っぽく、黒だとドレッシーになりがちな透けトップスこそ、茶色がベスト! 肌が見えても品があり、一枚でも着やすいので秋口から使えるのも優秀です」

大きなリボンやふわ袖など、大胆な甘さのあるブラウス

大きなリボンやふわ袖など、大胆な甘さも今年らしいブラウス。「目線を透けに集中させないためにも、ドラマチックなディテールは有効。可愛さは引き立てつつ、やりすぎ感が出ないようにシンプルなパンツで引き算を」(伊藤さん)。ブラウス(インナーのキャミソールつき)¥18000/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) パンツ¥29000/サードマガジン バッグ¥40000/トゥモローランド(ブレームライラック) イヤカフ¥10000/ハルミ ショールーム(フォート) リング(人さし指)¥11000・(中指)¥11500/ソワリー

Machi's POINT
「透け感=抜け感に直結。編み目の詰まったハイゲージもほどよく隙が生まれるので、去年とはひと味違った“洒落たニット”に見えるはず」

レオパード柄で楽しむ今どきの茶系コーデ

「いかにもな茶色ではなく、光が当たったときにほんのり感じるくらいのブラウンは、肌を入れてもきれい。色や透けでニュアンスを加えるだけでも、“毎度おなじみ”のツインニットが目新しく映ります」(加藤さん)。レオパード柄で楽しむ今どきの茶系コーデ。カジュアルなハズし役として投入したブルーのバッグも、はっとさせるポイントに。カーディガン¥26000・ニット¥19000/ebure スカート¥55000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ロイド/フォード) バッグ¥37000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ヴァジック) 靴¥59000/ベイジュ(ピッピシック)

撮影/YUJI TAKEUCHI〈BALLPARK〉 ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/森絵梨佳 取材・原文/伊藤真知 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※価格表記のないものは本人私物です ※BAILA2020年10月号掲載

【BAILA 10月号はこちらから!】

大人がこの秋買う透けトップス、ブラウンを選ぶのが正解!_3
大人がこの秋買う透けトップス、ブラウンを選ぶのが正解!_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン