Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Lifestyle
  3. グルメ

カチョカヴァロ&リコッタチーズの簡単おしゃれレシピ2品【arikoさんのイタリアンチーズレシピ5】

ひと手間でレストランの味に変身するレシピと評判のarikoさんに、イタリアンチーズを使ったレシピを教えていただきました。今回は焼くだけでおいしいカチョカヴァロと、デザートのようなリコッタチーズのレシピ。ちょっとしたおもてなしやホームパーティでも映え間違いなしのレシピは要チェック!

今回使ったチーズは【Caciocavallo / カチョカヴァロ】

「丸いひょうたん形のフォルムが特徴的。ハードタイプでコク深いので、焼くだけでも充分おいしい」arikoさん

カチョカヴァロのソテーじゃがいも添え

カチョカヴァロのソテーじゃがいも添え

さっと焼くだけでステーキみたいな贅沢な味わいに


●材料(2人分)

カチョカヴァロ……120g

じゃがいも……2個 (小玉の場合8個)

塩・こしょう……各少々


●作り方

①じゃがいもはよく洗い、やわらかくなるまで蒸すか電子レンジにかける。皮ごと一口大に切ったら器に並べ、かるく塩をふる。

②カチョカヴァロは1~2㎝の厚さに切り、フッ素樹脂加工のフライパンに並べて強火で焼く。チーズが溶けて焼き色がついたら①にのせ、こしょうをふる。

今回使ったチーズは【Ricotta cheese / リコッタチーズ】

「フロマージュのような口当たりが魅力のリコッタチーズ。酸味のあるジャムを添えれば立派なデザートに」arikoさん

リコッタチーズとルバーブジャム

リコッタチーズとルバーブジャム切り干し大根とわかめ、ポテチのスープ

低脂肪ながらミルキーな口当たり。ジャムと合う♡

●材料(1人分)

リコッタチーズ……200g

ルバーブジャム ……大さじ3~4


●作り方

グラスにリコッタチーズを入れ、ルバーブジャムをかける。ルバーブジャム以外にも、杏やブルーベリーなど酸味が強めのジャムと相性がいい。

撮影/福田和洋 スタイリスト/YUKO〈+y design〉 調理/ariko 取材・文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA 〉  ※BAILA2020年11月号掲載

【BAILA 11月号はこちらから!】

カチョカヴァロ&リコッタチーズの簡単おしゃれレシピ2品【arikoさんのイタリアンチーズレシピ5】_3
カチョカヴァロ&リコッタチーズの簡単おしゃれレシピ2品【arikoさんのイタリアンチーズレシピ5】_4

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン