Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【ヨンア卒業スペシャル】ヨンアの現在地をロングインタビュー!秘蔵プライベート写真も♡ 

バイラが伝えたい“ハッピー感”を体現し続けてくれたヨンアが、ついに2020年12月号で卒業します。誌面で活躍し続けた8年半の間には、結婚、シンガポールへの移住、出産、ブランドの立ち上げなど私生活でも大きな変化が。仕事もプライベートも全力で向き合ってきたこれまでを振り返って今、あらためて思うこととは?

BAILAとともに駆け抜けた8年半。そして、これから

大好きなBAILAでモデルを続けられたことは本当に幸運。感謝しかありません

ヨンア

ドレス¥497000・シューズ¥135000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ)

甘さや可愛さ、女らしさ。バイラの提案する女性像がずっと憧れだった

「ヘルシーで、元気で、ハッピー。当時、大好きなブレンダさんが出ていたこともあって、私の中でバイラはそういうイメージでした。そして“働く女性”に向けたものでありながら、甘さや可愛らしさもあってフェミニン。それは、まさに私がなりたい女性像と一緒で。だから、とにかくバイラに出たくて出たくて。『そろそろ次の自分を見てみたい』と考えていたタイミングでご縁ができたことは、今でも本当に幸運だったな、と思います。撮影で着させてもらう洋服も毎回楽しみだったし、編集部やスタッフの方々もバイラの現場ってすごく温かいんです。いつもにぎやかで楽しかった」

本誌でモデルを始めた当時のことをそう語りながら、取材時に用意されたバックナンバーを感慨深そうに一枚一枚めくっていく。さかのぼっていくと50コーデもの私服を見せる大特集も。まだSNSが今ほど浸透しておらず、モデルのプライベートスタイルを見たいという声は多かった。

「わぁ、私、若いね(笑)。自分のページをもらえることがうれしかったし、夢中になってコーディネートを組んだ記憶があります。そのためにワクワクしながらお買い物をしたり(笑)。こういう企画があることでモチベーションもまた上がっていきました。今あらためて見返してみてもバイラのテイストと自分の好きなものって本当に一緒だったんだな、って思う。少しずつ大人の余裕が出てきて、肩の力を抜いたカジュアルも楽しみたい20代後半〜30代。私もその真っただ中にいたから」

すっかりバイラの顔となり、毎月何本もの撮影が立て込み多忙を極めた29歳のときに結婚。そしてすぐに旦那さんのお仕事で、シンガポールへ移住。モデルとして10年以上、常にトップを走り続けてきたヨンアにとって、これは大きな決断だった。

ゆっくり過ごすなかで得たものが多かったシンガポールでの3年間

「確かに“仕事大好き”な私にとって、不安はありました。でも、それ以上に大切なのは家族であって、プライベートの充実。自分がハッピーでいてこそ、誌面からハッピーなムードを届けられる。モデルを始めたころからその信念だけはずっと変わっていなくて、日ごろから心を整えておくことはモデルとしての私の義務。特に私はなんでもそのまま顔に出ちゃうタイプだから。ネガティブな感情が生まれたときも、できるだけその日のうちに解決するよう心がけてます。一大決心をしたシンガポール行きのことも、しばらくは月1〜2回日本と行き来するかたちでカバーモデルを続けさせてもらいたいと編集部に相談させていただきました。たくさんのモデルがいて、でも雑誌の数は限られていて、そんななかで表紙をやらせてもらえるのは特別なこと。本当にありがたいし、その重みを感じているからこそ、自分の想いを真剣に伝えなくちゃと思いました。新婚生活はできる限り旦那さんと一緒にいたいこと、そしてその先には子どもを持ちたいこと、全部正直に。編集部はそんな私の想いを快く受け入れてくれたんです。実際シンガポールにもたびたび撮影しに来てくれて、本当に感謝しかありませんでした」

なんでも話し合うことで、さらに深まったヨンアとバイラの信頼関係。それが撮影において新たなスタンダードをつくっていった。

母としてモデルとしてYouTuberとして…日々頑張ってます!

都内の素敵なホテルに友人とお泊まり

都内の素敵なホテルに友人とお泊まり。女子トークで盛り上がったり、おしゃれをしてディナーに出かけたり。気分転換になって、楽しかった!

念願のUSJに息子と

念願のUSJに息子と。大好きなミニオンズのおそろいコーデで、盛り上がりました!

ハロウィンパーティでスパイダーマンの仮装を

友人とのハロウィンパーティではスパイダーマンの仮装を親子で。子どもとのイベントは思いっ切り楽しむ主義!

毎朝6時に起きてスクールに行く息子のお弁当作り

毎朝6時に起きてスクールに行く息子のお弁当作り、頑張っています。鶏のから揚げは最近の彼の大好物。お弁当作りや育児の様子はYouTubeの「ヨンアTV」でも配信。

髪をショートカットに

今回の撮影の数日前に髪をバッサリ、ショートカットに。信頼しているTWIGGY.の松浦さんにおまかせしました。

フェンディのピーカブーとディオールのバケットハット

フェンディのピーカブーとディオールのバケットハットが最近のヘビロテ。

自粛期間中に自宅のワードローブを整理

自粛期間中に自宅のワードローブ整理をしてすっきり。

撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/百々千晴 モデル/ヨンア 取材・原文/杉山ゆり 構成/内海七恵〈BAILA〉 ※BAILA2020年12月号掲載

【BAILA 12月号はこちらから!】

【ヨンア卒業スペシャル】ヨンアの現在地をロングインタビュー!秘蔵プライベート写真も♡ _9
【ヨンア卒業スペシャル】ヨンアの現在地をロングインタビュー!秘蔵プライベート写真も♡ _10

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン