Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ

【Sexy Zone】中島健人&菊池風磨、相手の愛しいところは?【BAILA × Jの鼓動】

ジャニーズ史上最年少で衝撃のデビューを果たしたSexy Zoneも、メンバー全員20代に突入。松島聡さんが約1年9カ月ぶりに活動を再開し、5人そろってBAILA本誌に初登場です! 今回は中島健人くんと菊池風磨くんがお互いの愛しいところを答えてくれました。

【Sexy Zone】中島健人&菊池風磨、相手の愛しいところは?【BAILA × Jの鼓動】_1

Q相手の愛しいところは?

FUMA to KENTO

「かっこいいのに、ときどき天然な一面があって、そこが愛おしい」

FUMA「中島は自分のゾーンに入って考え事をしていると、まったく周りの声が聞こえなくなるんですよ。さっき説明したばかりの話も、“説明してもらってもいい?”と聞き返してくることがあるんです。そんなチャーミングさと天然キャラが愛されるポイントだと思う」

KENTO to FUMA

「俺の電話には必ず出てくれて、相談に乗ってくれてありがとう!」

KENTO「菊池が本気を出したときのダンスは、誰よりも魅力的です。刺激を受けるし、相乗効果が発揮できる。新曲のMVでは俺たちのエモーションを体感してもらえるはず。エンターテインメントを届けるチームの一員として、これからもその姿勢を貫いてほしいな」

セクシーゾーン
●2011年9月29日にグループを結成。11月16日「Sexy Zone」でCDデビューを果たす。当時の平均年齢は14.4歳、ジャニーズらしいフレッシュアイドル5人組でキャッチフレーズは顔面偏差値東大級。2020年3月24日には海外進出を視野に入れた活動をするため、Top J Recordsへレコード会社を移籍後、18枚目のシングル「RUN」が大好評!

「NOT FOUND」

Sexy Zone ¥1100/Top J Records

Sexy Zoneとして19枚目のシングルが絶賛発売中。菊池さん主演ドラマ「バベル九朔」の主題歌としても話題。クセになるサビのフレーズが印象的な曲に仕上がっています。

取材・原文/山中ゆうき ※BAILA2020年12月号掲載

【BAILA 12月号はこちらから!】

アマゾン
楽天ブックス

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン