Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. EDITOR'S PICK

お疲れ肌に効く!おすすめスキンケア名品【エディターのおうち私物#212】

BAILAエディターズが、愛用品からおすすめカルチャーまでを紹介するリレー式コラム、第212回は最近使い始めてめちゃくちゃ感動したスキンケアアイテムです。

右/イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット ナイトセラム」30ml 10500円  中央/オバジ「C25セラム ネオ」12m 10000円   左/イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット エッセンス ローション」150ml 8000円

【お疲れ肌に効く!3つの神スキンケアアイテム】

あっという間に師走ですね。今年は未曾有の変革の時で、色んなことを見直した一年だったのですが、”肌”もそのひとつ。自宅にいる時間が多くなるとイヤでも自分の肌と向き合いますよね。忙しさを理由にロクなケアをしてこなかった私ですが、2020年の最後に出会ったこの化粧水と2つの美容液で肌が変わり始めています。

共通しているのが「疲れた肌に効く」ということ。

疲れているから効果が実感できないのではなく、疲れた肌にこそ効き目がある!

忙しさが落ち着いたら、いつか時間と余裕ができたらきちんとスキンケアをしよう、と思っていたのですが、

忙しい今こそ使って効果がでるアイテムというのがあるんだ、と目からウロコでした。

右/イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット ナイトセラム」30ml 10500円+税

中央/オバジ「C25セラム ネオ」12m 10000円+税

左/イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット エッセンス ローション」150ml 8400円+税

イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット エッセンス ローション」150ml 8000円

まず、洗顔後にすぐつけているのがこちら、来年2021年の1月1日に発売となる新製品イヴ・サンローランの化粧水「ピュアショット エッセンス ローション」。これ、肌なじみがとんでもなく良いんです。質感はサラッと軽いのですが、肌にぐんぐん浸み込むので何度も何度もパッティングしているうちに気づけば肌が瑞々しくしっとり潤ってる!この感覚がやみつきになって、ズボラな私がスキンケアの時間をしっかりとるようになりました。出した瞬間から手のひらにじゅわっと浸透していくので、ご覧の通り上手く写真が撮れない!!イヤ、ほんとです。この化粧水、つけた10秒で肌の変化を実感できる、というデータがあるようですが、激しく同意。あ、なんか肌質が変わったな、と一瞬で感じます。モロッコで育つ乾燥に強い「アルガン」のオイルが配合されているそうで、感触はさらりとしていますが、浸透したあとは乾かず保湿力もしっかり。

12月22日にオンラインブティックで先行発売もあるようなので、絶対に買い逃したくない方は是非そちらで!!

イヴ・サンローラン・ボーテ「ピュアショット ナイトセラム」30ml 10500円

化粧水のあと、夜は同じくイヴ・サンローランの大ヒット美容液「ピュアショット ナイトセラム」をワンプッシュ。こちら、なんと使った100%の女性が翌朝の毛穴への効果を実感したというデーがあるそう。半信半疑で使った日の翌日、鏡を見て自分の顔にビックリ。深夜まで仕事&さらにそのあとお酒を割と呑んでしまったのですが、何故か「良く寝た朝」みたいな肌なんです。キメが細かくなって、手触りも明らかに柔らかい。これはヒットするのもうなずけます。特別なサボテンのエキスが含まれて二層になっているので軽くシェイクしてから使います。

オバジ「C25セラム ネオ」12m 10000円

朝の場合は、化粧水のあとに、これまた名品と名高いオバジ「C25セラム ネオ」を。噂にきいていたオバジCシリーズですが、実は私、使うのは初めて。それなのにこの一番高濃度の25にトライしてしまったのですが、それは美容を長年担当してきた編集部の諸先輩方が「やっぱりオバジCはすごい」と口々に絶賛しているのを聞いたから。スポイトで3-4滴垂らしてマスク時代に一番目立つおでこから馴染ませていきます。

人によってシミや毛穴、効果を実感するお悩みは様々なようですが、私の場合おでこの横ジワが見事に薄くなりました。細かいニキビもなくなりおでこを中心につるん!とした質感に変化。オンライン会議の画面でもあきらかにおでこが光ってる!!!これはもう手放せなくなりそうです。

ついに出会ってしまった3つのスキンケア名品とともに、疲れがちな師走の肌をこのままいい状態でキープしていきたい!波乱の年の終わりに、肌の立て直しができて本当に幸せでした。(編集U)

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン