Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

フレアスカートはボタニカル柄をチョイス。シンプルTシャツも蘇る!【定番コーデをアップデートする方法3】

夏の定番コーデをスタイリスト加藤かすみさんがアップデート! フレアスカートを主役にするならボタニカル柄を取り入れてみて。シンプルなTシャツとならスタイリングも簡単!

フレアスカートが主役のコーデ ≫≫【ボタニカル柄】でご機嫌に

ここをChange!

「印象を更新するなら、主役になる柄を変えるのが近道。今まで選んでいた小花柄やドット柄を、ぱっと目を引く大柄のボタニカルに。シンプルなTシャツとなら派手柄も難しくない。一枚でリゾート気分を楽しめます」by Kasumi

ボタニカル柄のフレアスカートコーデの桐谷美玲

リゾートライクなボタニカル柄のスカートは、Tシャツになじむ白ベースの配色だから、悪目立ちせずすんなり着こなせる。ビタミンカラーの小物使いも、開放的なムードを加速して。Tシャツ¥6380/シンゾーン ルミネ有楽町店(シンゾーン) スカート¥20900/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ピアス¥14300・リング¥9900/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) バングル¥8250/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) バッグ¥81400・靴¥108900/ジミー チュウ

教えてくれたのは
加藤かすみ

スタイリスト

加藤かすみ


本誌をはじめ数多くの雑誌の表紙やファッション特集、広告を手がける人気スタイリスト。ベーシックなのに着映えるスタイルの達人!

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/桐谷美玲 構成・原文/東原妙子 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン