Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. まとめ

【 #望海風斗 インタビューまとめ 】宝塚退団秘話、明日海りおさんとの共演…本音を語る!

今年4月、宝塚歌劇団雪組をトップスターとして率いてきた望海風斗さんが退団した。卓越した歌唱力、繊細な表現で観る者を魅了し、唯一無二の存在として宝塚を牽引してきた彼女。不安定な情勢の中でも前を向き、駆け抜けた退団秘話や、現在の心境、これからへの思いを聞いた。

【 #望海風斗 スペシャルインタビュー 】休演、退団延期…たび重なる困難を越えて、いちばん身近なことのありがたさに気づけた。《前編》

休演、退団延期…たび重なる困難を越えて

舞台では圧倒的な歌唱で空間を満たし、丁寧な役作りで幾度も難役を乗り越えてきた望海さん。惜しまれつつ退団を発表して以降、コロナ禍によるたび重なる休演、延期を経験。昨年10月予定の退団は延期となり、トップスター恒例のサヨナラパレードも自粛に。まさに暗中模索の中、“公演のLIVE配信”などエンターテインメントの新たなかたちへの挑戦も果たした。異例尽くしで迎えた4月、サヨナラ公演の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。激動の時期や現在の思いを、あらためて聞いた。

「大変な状況下での退団で色々なことができなくなり、皆さん、私の気持ちを考えてすごく心配してくださって。確かに大変ではあったけれど、退団は私自身が決めたこと。それに宝塚だけではなくて、世界的に大変な状況です。そんな中でもどうにか公演をしていく方法を考え、試行錯誤して、宝塚全体が前向きに進んだ時代に自分もいられたことはよかったと、ポジティブに受け止めています。トップになったときから作品ごとに組のみんなで壁を乗り越えて成長したいという思いもあったし、あの時期を皆でなんとか乗り切れたことは幸せに思います」

望海風斗 スペシャルインタビュー

当たり前だったことの大切さに気づけた

退団の日を無事迎えられたことで得たものは、“いちばん大切なこと”への気づき。


「コロナ禍の公演では、ファンの方々に近くでお会いして、きちんとお礼を伝えられなかったことがつらかったですし、皆さんも寂しかったと思います。ですが、見送るイベントがなくても皆さんの思いは充分に感じられた。いちばん大切なのは、ちゃんと千秋楽を迎えられること。皆さんに観ていただけて、劇団の仲間もともにいること、なんですよね。色々できなかったからこそ、逆にいちばん身近なことのありがたさに気づけた気がします」

ブラウス¥38720・ベルト¥32670・パンツ¥43560/エム(ウジョー) イヤカフ¥33000・リング(左手)¥20900・(右手)¥22000/フォーヴィレイム

【 #望海風斗 スペシャルインタビュー 】とどまらない珠玉の歌声。新しい“望海風斗”へ《後編》

OGたちと過ごした宝塚最後のとき

退団日は「1週間を一気に経験したような、凝縮された時間。本当にすごい一日だったんです!」と力を込める。

「すべてが終わって自分の部屋に戻ったとき、人生でいちばん干からびていたんじゃないかな(笑)。本当に出し尽くした感覚でした。タカラジェンヌではなくなる“夜0時になる瞬間”は、先に退団した同期や親しい方たちと“ジャンプ”をしました。もう私の名前がないんだ……と思って劇団のサイトを見たら、まだ残ってましたが(笑)。次の日はすごく天気がよくて目覚めもよく、解放的な気持ちでした。退団の寂しさより、何よりまず千秋楽を無事終えられた達成感でいっぱいだった。11日後に『エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート』への出演が控えていましたが、切り替えがすぐにできなくて。もともと決めていたとおり、まる1日は休みました。お休み2日目は急いで台本を覚えて。3日目に『エリザベートガラ・コンサート』のルキーニ役の稽古へ」

望海風斗 スペシャルインタビュー1
望海風斗 再びのヒゲのルキーニ、 初のトート閣下に挑戦

再びのヒゲのルキーニ、初のトート閣下に挑戦

退団後の初仕事となった『エリザベート』のガラコンサート。挑んだのは、花組時代にも演じた狂気の暗殺者ルキーニと、主演の“黄泉の帝王”、トートの二役!

「二役を演じて大変だったのは、出番が多いルキーニ。出ずっぱりで歌もセリフも多いので気を抜けなかったのですが、宝塚時代より冷静にできたかな。初挑戦のトートは、ヘア&メイクをしていただいた瞬間、『これもありなんだ』と新鮮な気持ちに。今までのトート像をなぞるのではなく、この姿で自然に生まれた感情を、歌でお届けしてみよう!と演じました」

エリザベートを演じる明日海りおさんら宝塚同期との共演も大きな話題に。

「明日海のすごくきれいな頭声(女性の高い歌声)に、宝塚音楽学校時代を思い出して懐かしかった。当時私は低い声よりも高い声が得意で。男役の声の練習に変わった瞬間に歌の成績が下がったんです。明日海は私と逆で、高い声よりも男役の声のほうが得意だったと思います。私は男役の声を作るのにかなりの年数がかかったんです。今は女性の声に戻している時期ですが、難しくて時間がかかりそう。でも慣れてラクな男役の声には戻さずに、女性の声で音域を広げていきたいです」

望海風斗 とどまらない珠玉の歌声 新しい“ 望海風斗” へ

とどまらない珠玉の歌声。新しい“望海風斗”へ

男役を卒業したあとのおしゃれ、美容については「実は変化がなくて」とポツリ。

「今日着たスーツは新鮮でしたね。私がピンクを着られるんだ!って。退団後に買った服はデニムのパンツ。入団前から普段着はTシャツとデニムが定番です。まだ髪も短くて“半分男役”状態なので、スカートも無理して今はくことはないのかな。これまで男役っぽい服しか買ってこなかったので、新しいお店を開拓したい願望はあります。ネットではなくて、お店で長く着られる服を探したい。メイクは以前から控えめ。目もとが強調されて派手になるのがイヤで、アイラインを引くときは細く、薄くが鉄則です」

新たな道を歩み始めた心境と、これから挑戦したい仕事を尋ねると……。

「長くいた場所から卒業して、一歩先に進むのは勇気がいるけれど、宝塚OGの皆さんの素敵な姿を見たら私も立ち止まってはいられないという気持ち。一度きりの人生、柔軟にいろいろ挑戦してみたい!中でも私はやっぱりお客さまとじかにお会いして、その場で作り上げていくことが好きなので舞台に立ちたいです」

その歌声の今後にも期待が高まるところ。8〜10月には、待望のコンサート『SPERO』を4都市で開催予定だ。

「幅広いジャンルの歌を歌えるようになりたいんです。仕事に生かせるかどうかは別として、歌の勉強はしたいと思っていて。ジャズやポップス、いずれはシャンソンも。今はまだ自分の歌声を探している段階なので、コンサートでは完璧な歌を目指すことはしません。新しい“自分”が始まっていく過程を、皆さんと共有していけたらと思っています

ジャケット¥71390・パンツ¥47190/エム(ウジョー) シューズ¥97900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) イヤカフ¥30000・ネックレス¥33000・バングル¥77000・リング¥18000・オープンリング¥30000/フォーヴィレイム カットソー/スタイリスト私物

望海風斗

望海風斗


のぞみ ふうと●10月19日生まれ、神奈川県出身。2003年、宝塚歌劇団に入団。花組に配属され経験を積んだ後、2014年、雪組に組替え。2017年、雪組のトップスターに就任。2021年4 月11日、『「fff-フォルティッシッシモ-」~歓喜に歌え!~』『シルクロード~盗賊と宝石~』の東京千秋楽でトップ娘役・真彩希帆さんとともに退団。

【 #望海風斗 インタビューまとめ 】宝塚退団秘話、明日海りおさんとの共演…本音を語る!_4

望海風斗コンサート『SPERO』
構成・演出・振付/川崎悦子 企画・制作/梅田芸術劇場
日程/2021年8月2日~10月5日
チケット一般発売日/ 7月17日(大阪・福岡)、9月4日(愛知・神奈川)
宝塚退団後初となるコンサートを大阪・福岡・愛知・神奈川の4都市で開催。宝塚の楽曲のほか、ジャズやポップス、海外ミュージカルなどの名曲を歌い上げる。ラミン・カリムルー、井上芳雄、海宝直人と豪華ゲストとの競演も注目!

撮影/土山大輔〈TRON〉 ヘア&メイク/国府田圭 スタイリスト/菊池志真 取材・原文/櫻木えみ 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉※BAILA2021年8月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン