Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈蠍座〉の2021年下半期~2022年の運勢は?【鏡リュウジの星座占い】

〈蠍座〉の2021年下半期の運勢と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。気になる仕事運も必見。

12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
蠍座

身近な人やものを大事に丁寧に生きていく

《駆け込みラッキーアクション》
✔ インテリアを見直す
✔ 行きつけにしたい飲食店を探す
✔ 身近な人との交流

運気グラフ

運気グラフ

《8月》
仕事を通じたネットワークが広がっていくとき。ただ、下旬に向かうにつれ恋愛運、仕事運が低下。慎重に。

《9月》
新しい恋の予感が強まります。出会いを求めて行動を起こしましょう。待っているよりいい恋に出会えそう。

《10月》
共感力がアップ。喜怒哀楽の感情に心が揺さぶられ、落ち着かないかも。寝る前に心を静める時間をもって。

《11月》
新しいことを始めるのにいいタイミングです。チャレンジ精神を大事に、どんどん前へ進んでいきましょう。

《12月》
衣食住のグレードを上げるといいとき。いつもより少しいい食材を買ってみると、料理にも意欲的になれそう。

《2022年1月》
トーク力が高まり、恋の進展を助けます。相手の思いを聞き取り、お互いの歯車をかみ合わせることができるはず。

《WORK》長い低迷期に。自分を支えるものを見つけて

仕事では勝負の夏を迎えそう。9月、しっかりとチャンスをつかみ、次につなげることができます。周囲からも高く評価されますし、あなた自身も満足のいく成果を出せるでしょう。

しかし、それ以降は長い低迷期に入る仕事運。大きなミスをするとかではないのですが、心の舵取りがうまくいかず、本当にこの仕事でいいのかなど、迷路に入り込んでしまうのです。何をしてもモヤモヤが晴れないため、苦しい秋。できるだけ気分転換の機会を増やし、落ち込みすぎないことが大切です。何をしていても仕事の先行きが心配になったり、活躍する周囲の姿にふがいない思いを隠せなかったりしそうですが、この時期ばかりはグッとこらえましょう。

低迷期だから頑張らなくては、と張り切るのは逆効果。運気の後押しがないため、結局は空回りしてしまいます。むしろ、日々のルーティンをきちんとこなし、活躍する仲間を応援するなど、目立たないポジションにいることを徹底すると思わぬトラブルに巻き込まれるのを防げます。家で仕事に役立つ勉強をするなどの努力は、のちのち力になるでしょう。

運気が大きく切り替わり、グッと高まっていくのは11月。我慢はこのときまでです。期間が長いので苦しいですが、地道に仕事の勉強を進めてきたことや周囲を支える役回りを誠実に努めてきたことは、必ず役立ちます。ですから、こんなことをして何になるのかなとは思わず、努力を続けていてください。

11月からは思い切りエンジンをかけて。意欲の火星がチャレンジ精神を高めているため、パワフルに働けます。全力すぎて急に高熱を出すなど、ときにはオーバーワークにもなりそうですが、仕事が面白くて、まるで気にならないでしょう。体調もすぐ回復し、バリバリと働けそうです。

転職、独立などあらゆる仕事上の変化が吉と出る11月ですが、今の職場に不満がなく、変わらずに働き続けようと考えている場合は、仕事用のグッズを新しく下ろしてみてください。ペン一本、マウスひとつでも新しくすると、幸運を呼び寄せる力が強まります。

部署異動や転勤といった変化はなくても、あなたのスキルに合った業務を任せてもらえるようになるなど働きやすくなりそうです。

下半期の蠍座は耐える期間が長くなるため、仕事へのモチベーションをどこで保てばいいか、迷うことが多くなりがち。隣の芝生が青く思えて、やみくもに転職活動をしてみても、望みどおりの仕事が見つからず空振りに終わるなんてこともありそうです。けれど、晴れない空はありません。仲間との交流を大事にし、仕事に行き詰まったときのパワーアップアイテムを見つけて活用していけば、運気が上がり、忙しくなってからもそれらがあなたを支えてくれるはずです。くさらないこと、人に見えないところで努力を重ね、次の機会に備えることを忘れないでください。

【2021年下半期~2022年】蠍座の恋愛運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン