Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈射手座〉の2021年下半期~2022年の運勢は?【鏡リュウジの星座占い】

〈射手座〉の2021年下半期の運勢と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。気になる仕事運も必見。

12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
射手座

好奇心が大きな運命の扉を開き、幸運を呼び込む

《駆け込みラッキーアクション》
✔ 好奇心を刺激するような動画をチェックする
✔ 幅広い学び、SNSへの投稿

運気グラフ

運気グラフ

《8月》
信頼感が運を高めます。特に礼儀の面ではまじめすぎるくらいがいいかも。年長者からの引き立てもあり。

《9月》
恋に対する自信がダウン。でも実際には、控えめになっているあなたに魅力を感じている人もいるようです。

《10月》
仕事の人間関係に恵まれそう。これまでの仕事に対する評価も。同時に次のステップを考えて動いてみましょう。

《11月》
恋の出会い運が急上昇。思いがけない場所で素敵な人に巡り合えるかも。できるだけ行動半径を広げてみて。

《12月》
誕生シーズンでもある年末は射手座の幸運月。金運がよく、支出が増えると収入も増えるなど流れのいいときに。

《2022年1月》
出会い運、仕事運は堅調。冒険心はあるものの、しっかり状況を見極めてから動くほうが安全といえそうです。

《WORK》仕事運は回復へ。周囲とのやりとりが大事に

少し低迷していた仕事運ですが、幸運の星・木星が水瓶座に戻ったことであなたの運気も回復。頭の回転が速くなり、様々な問題も素早く解決していけるでしょう。

情報などをつかさどる水星が逆行する10月は、打ち合わせなどで話が決定するスピードが少し下がるかもしれません。しかし、周囲に恵まれる運気でもあるため、何かあっても周りが助けてくれて事なきを得られそうです。

下半期全体を通じて、射手座が大事にしたいのは情報、コミュニケーション、そして人と人とのつながりです。これらは仕事に限らず幸運をもたらすポイントとなるのですが、特にビジネスではそれなしではうまくいかないというくらい、重要になるでしょう。

こまめな打ち合わせやちょっとした雑談を大切にし、メールなどでは書ききれない情報を頻繁にやりとりしてください。後輩や取引先があえて言う必要はないと思っていたあることに、大きなビジネスヒントが隠されているかもしれません。

また、才能ある人のプロジェクトには、手伝いという役であっても参加すると吉。何がどう動いていくのか、現場にいなければわからないことが身につきます。オンライン会議なども、意見を言う必要はありません。その場にいて、話を聞くことが勉強になります。熱心に話を聞き、メモを取ったりしていると、そのやる気を買われて重要な役割を振られるような展開もあるでしょう。それは、逃さないほうがいい絶好のチャンス。まったく未知の仕事でも、まるで新人のように手痛い失敗をしながら覚えていって。久々に初心に返り、フレッシュな気持ちを取り戻せるでしょう。

楽しいなと思っていたら、思わぬことが起こりそうなのは11月。顔色が真っ青になってしまうようなトラブルの渦中で、問題解決にあたるような立場になるかもしれません。しかし、下旬には起死回生の場面が訪れ、息をつけるようになるので安心して。力のある人に助けられたり、状況が一変して問題そのものがなくなったりして、無事に切り抜けられるでしょう。

年末から2022年の年明けは、本来ならチャンス期ですが、物事の進み具合は意外と堅調。もっと忙しくなってもいいのに、なんて思うかもしれませんが、少しスローペースなほうが、安心して話を進められます。

自分で話を先取りし、準備を進めておくのはありですが、張り切りすぎると、意外と早とちりをしやすい運気。焦って確認しないまま仕事を進めてしまうと、修正が必要になるので気をつけましょう。

早とちりを防ぐには、慎重派の同僚にチェックを頼むのもいい方法。たとえば、取引先とオンライン打ち合わせをしたら手短に議事録を作成し、確認不足のところがないか見てもらうといいかも。話が盛り上がって確かめなかったことがすぐに判明し、ミスなく進行できそうです。

【2021年下半期~2022年】射手座の恋愛運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン