Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FORTUNE
  3. 鏡リュウジの星座占い
  4. 12星座別・2021年下半期~2022年の運勢

〈水瓶座〉の2021年下半期~2022年の運勢は?【鏡リュウジの星座占い】

〈水瓶座〉の2021年下半期の運勢と来年の見通しを、鏡リュウジさんの星占いで駆け込みチェックしよう。気になる仕事運も必見。

12星座別・2021年下半期~2022年の運勢 TOPページ
水瓶座

幸運シーズンの総仕上げ! 最後まで幸せを求めて

《駆け込みラッキーアクション》
✔ 戦略的に動く、起業する
✔ スピードのある乗り物に乗る
✔ 新しいことへの挑戦

運気グラフ

運気グラフ

《8月》
結婚チャンスが高まっています。ちょっと難しい状況でも、踏ん切りをつけてしまえば意外とうまくいきそう。

《9月》
急な落ち込みで心が疲れやすいかも。中旬を過ぎると運気も元気も回復。静かに過ごして心のメンテナンスを。

《10月》
チャンス到来。まだ数回しか会っていないような知り合いが恋の出会いや面白い話を持ち込んできてくれそう。

《11月》
時間的にも心の面でも余裕がなくなりやすいときです。意識して頭をからっぽにするひとときを持つことが大切。

《12月》
いろいろ幅広くやれるものの、手ごたえの少ない月。あまり結果を気にせず、経験を積むことを優先してみて。

《2022年1月》
モヤモヤする思いは年末から継続。人の活躍からは少し遠ざかると自分らしさを取り戻して元気になれるはず。

《WORK》新たな仕事への挑戦が、大きな実りをもたらす

この時期、最も「駆け込み」という言葉がふさわしいのは水瓶座でしょう。なぜなら、魚座へと一歩先に進んでいた幸運の星・木星がようやく戻ってきて、最後のラッキータイムをプレゼントしてくれるときだからです。

仕事運は下半期全体を通じて好調。いろいろなチャンスに恵まれますし、柔軟な対応がさらなるラッキーをもたらします。

夏から秋にかけては、長いチャレンジ期間。次から次へとやったことのない仕事に取り組む、千本ノックのような経験をするかもしれませんが、それがあなたのビジネス体力をつけ、この先何があっても怖くない対応力を鍛え上げてくれそうです。

とはいえ、たとえばあり得ないくらい不利な条件で提示された仕事を引き受けるなど、無茶なことはしないほうがいいでしょう。納期やギャランティに関しては、この期間もいつもの基準で検討してください。その上で、ちょっと大変だけど関わっている人が尊敬できるとか、いつかやってみたいと思っていた業務があるなど、次につながる仕事かどうかを見極めて。話を聞いた途端に心躍るような案件なら、一も二もなく引き受けていいでしょう。どんなに大変なことになっても、周囲が「どうしてそんなにご機嫌なの?」と聞くくらい楽しく働けそうです。

チーム力を発揮することも大事。仕事は一人で引き受けず、できるだけ複数で担当するようにしましょう。豊富なアイディアによってよりクオリティの高い仕事になることはもちろん、トラブルがあったときの対策も立てやすくなりそうです。

素晴らしい結果と評価を手に入れられるのは11月。2021年の年明けに取り組んだ仕事が大きな実りをもたらし、あなたの輝かしい実績のひとつに。特にクライアントの新規開拓などをした案件なら、得られる達成感はかなり大きなものになるでしょう。

年末、仕事運は少し低迷してきます。占星術上では、2020年末に土星と木星の重なる星座が水瓶座に移動して、新しい時代の幕開けを迎えました。そのため、水瓶座はほかの星座にはないほど大きな幸運に恵まれたものの、気づかぬうちに積み重なってきた疲れも相当なものであったはずです。

この時期、その疲労が一気に出てきます。チームリーダーとして忙しく指示を出さなくてはいけない場合でも、集中力が維持できない場面がありそうです。そんなときは、勇気を持って仕事を手放すこと。多少危なっかしくても、後輩に連絡などを頼んだり、いくつか仕事を周囲に振ったりして、自分の負担を減らすようにしてみてください。サブリーダーがいるなら、日にちを決めてその人をリーダーにし、判断をしてもらうのもいいでしょう。やってみると、ほころびはありながらもなんとか乗り切れるはず。その間に心身を休め、充電すれば、回復後にはまた目覚ましい活躍ができるはずです。

【2021年下半期~2022年】水瓶座の恋愛運は?
鏡リュウジさん

鏡リュウジさん


1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。新装版『魂のコード』(ジェイムズ・ヒルマン著 鏡リュウジ翻訳 朝日新聞出版)が好評発売中。

イラスト:itabamoe ※BAILA2021年9月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン