Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Love & Wedding

「指がきれいに見える」ウエディングリングの見つけかた【きゃしゃタイプ編】

きゃしゃタイプ:「細アームのリング」か「繊細な装飾」がお似合い!

指が細く、きゃしゃな人は、リングも指のイメージにあった、きゃしゃで繊細なものを選ぶのが似合うコツ。ボリュームのあるリングだと指のほうが負けてしまうので、アームの細いものを選んで。

繊細な装飾のあるものも、きゃしゃタイプさんにお似合い。華やかな印象もプラスできておすすめ!
(上)バゲットカットのダイヤモンドをつなげて繊細な透かし模様にした「ココシュニック」のウエディングリング。

(下)ダイヤモンドが持ち上がる立体的なデザインで、きゃしゃだけれど存在感のある「アベリ」のウエディングリング。

きゃしゃタイプさんには、他にもこんなリングがおすすめ!

「スイートピー」のウエディングリング。
マーキスカットのダイヤモンドを、きゃしゃなアームで支えた新鮮なデザインは、きゃしゃな指の上でこそよりいっそうきれいです。
電子版が発売中のBAILA7月号には、この他にもさまざまなウエディングリングや、いま一番人気のあるウエディングスタイル=ワンポイントこだわり婚を大特集。そちらもぜひご覧ください。
(上)(K18YG×ダイヤモンド)¥104000・(中上)(YG×ダイヤモンド)¥90000/ココシュニック(ココシュニック) (中下)(Pt×ダイヤモンド0.26ct)¥190000・(下)(CG×ダイヤモンド)¥54000/アベリ
撮影/西原秀岳 スタイリスト/松野裕子 切り絵/菊池絢女