Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. FASHION
  3. ニュース

【秋の新作バッグ&靴】働く女性が使いやすいバッグ&靴をスタイリストがチョイス!

働く私たちに必要なのは、コーデに今っぽさを吹き込むルックスと実用性を兼ね備えた小物たち。働く読者のリアルな声をもとに、スタイリスト門馬ちひろさんが新作の中で「使いやすい!」と太鼓判を押すバッグ&靴をピックアップ。

働く読者のリアルな声にスタイリスト門馬ちひろさんが新作でアンサー

バッグ

少しでも荷物を軽くしたい!

「テレワークのためPCを持ち運ぶのに加え、消毒液やエコバッグも必需品となり、荷物が増える一方。肩こりも悩み」(29歳・事務)

デザインも実用も譲りたくない!
「可愛いバッグを選びたいけれど、A4資料を渡されたとき折らずに持ち帰れることはマスト」(31歳・人事)

【Momma’s Answer】

お仕事バッグは軽量トート1個持ちか、ミニポシェット+サブバッグの計2個持ちかの二択です!
「レザートートはますます軽量化が進んでいる上、今季はレザー以外のファブリックのトートで平日に使いやすいデザインが増加中。おしゃれなサブバッグも豊富なので、私自身、貴重品を入れるミニバッグ+書類を運ぶサブバッグの2個持ちをすることも多いです」(門馬さん、以下同)

リエンピーレのバッグ

RIEMPIRE《リエンピーレ》 830g
PCはもちろん、水筒なども楽々入る大容量の縦型トート。(38×29×13)¥41800/ショールーム 233(リエンピーレ)

ジャンニ キアリーニのミニポシェット

GIANNI CHIARINI《ジャンニ キアリーニ》
秋らしさの漂うくすみイエロー。ミニポシェット(12×20×8)¥23100/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)

BINDU《ビンドゥ》
高級感のあるジャカード織り。サブバッグ(41×40×9)¥5390/シップス エニィ 渋谷店(ビンドゥ)

シューズ

毎朝、とにかく時間がない!

「靴で手っ取り早くおしゃれにしたい」(36歳・IT)

【Momma’s Answer】

甘め&派手デザインのフラット靴を一足、持っておくと便利!

ツル バイ マリコ オイカワの靴

TSURU by Mariko Oikawa《ツル バイ マリコ オイカワ》
「無難な色合わせや簡単なワンツーコーデの日も、華やかな靴があれば挽回できます!ヒールがあるとトゥーマッチな印象なので、抜け感あるフラットを。働く上で楽なのも大事ですよね」。ベロア素材に大粒のビジューが主役級。職場でも悪目立ちしないスモーキーカラー。(1.5)¥24200/ツル バイ マリコ オイカワ

どんな服にも合う靴が欲しい!
「朝、焦って玄関で何足も靴を合わせて悩まなくてもいいようにしたいです」(30歳・イベント会社)

【Momma’s Answer】

おしゃれな辛めノーヒールが豊作です

ペリーコのノーヒールのシューズ

PELLICO《ペリーコ》
「どんなコーデで出かける朝も頼れるシューズがあると心強いですよね。かといってただ無難なデザインを選ぶのではなく、今季多くのブランドから出ているローファーや甲の深いフラット靴など、少し“辛め”な靴を選ぶと着こなし全体の鮮度が高まります」。スクエアトゥと大ぶりのバックルがほんのりモード。(1)¥59400/アマン(ペリーコ)

ブーツ

ずっとブーツを更新できていない
「今っぽくて歩きやすいブーツが欲しい!」(34歳・メーカー)

【Momma’s Answer】

今年買うなら、断然サイドゴアブーツ!

スタジオウーノのサイドゴアブーツ

STUDIOUNO《スタジオウーノ》
「リースに回っていて目につくのは断然サイドゴアブーツ!新鮮さがあって、今っぽい足もと重めのバランスが即完成。カジュアルに履くのはもちろん、フェミニン派こそコーデのハズしとしてイチ押しです」。ワーク感を抑えてすらっと見せる細身の筒。(3.5)¥23980/シップス 渋谷店(スタジオウーノ)

門馬ちひろさん

スタイリスト

門馬ちひろさん


今ひっぱりだこの同世代スタイリスト。働く女性のリアルな日常に寄り添いつつ、トレンド感をプラスしたスタイリングが得意。

撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/門馬ちひろ 構成・原文/松井友里〈BAILA〉 ※( )内の数字は編集部で計測した(高さ×幅×マチ)およびヒールの高さで単位はcmです ※バッグの重さはすべて編集部で計測したものです ※BAILA2021年10月号掲載

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン