Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み
  1. BAILA TOP
  2. LIFESTYLE
  3. エンタメ・インタビュー

【 #吉高由里子 と好奇心2】働く原動力にもなっている。食への好奇心【BAILA2・3月合併号カバーインタビュー】

2024年の大河ドラマ「光る君へ」で主人公の紫式部を演じることが決定し、注目が集まっている俳優の吉高由里子さん。興味を持ったものにはどんどん飛び込み、心と体をちゃんと動かしながら人生を楽しむ。そんな彼女の“食への好奇心”にフォーカス。

食への好奇心

16歳、初めてのアルバイト代の使い道は洋服でもコスメでもなく“カニ”でした

吉高由里子

今、行きたい国はスペイン。食べたいのはバルでいただく小皿料理やピンチョス。実は新型コロナウイルスが蔓延する直前にスペインでのお仕事が決まっていて、あれも食べたい、これも食べたい、夢をふくらませていたのに行けなくなってしまったんです。

一度「食べたい」と思ったらあきらめることができない、私、食に関してはしつこいんです。実際、あれから約3年、ずっとピンチョスのことを考え続けていますからね(笑)。

このエピソードからもわかるように、私は食い意地が張っています。16歳、初めてのアルバイトで稼いだお給料の使い道も“食”。コスメでもなく、洋服でもなく、まさかのカニを食べに行ったっていうね(笑)。

誰かにおごってもらったり、ご馳走してもらうのではなく自分の好きなものを、自分で稼いだお金で、自分の好きなだけ食べる。それは私にとっての至福で、きっと働く原動力にもなっているんだと思う。

ジャケット¥55000/デパリエ ニュウマン新宿店(デパリエ) イヤリング¥1254000/ブシュロン クライアントサービス(ブシュロン) その他/スタイリスト私物

ドラマ「星降る夜に」
脚本/大石 静
出演/吉高由里子、北村匠海ほか
2023年1月放送開始・テレビ朝日・火曜夜21時 

窮屈な社会の中で毎日を消化するように生きている雪宮鈴(吉高)の前に現れた、どこまでも自由に生きる10歳年下の柊一星(北村匠海)。自分とは真逆を生きる一星に振り回されながらも、鈴は自分を苦しめていた既成概念から解放され始める……。窮屈な社会の中でどこか息苦しさを感じている大人女子、共感必至のラブストーリー。

吉高由里子

吉高由里子


よしたか ゆりこ●1988年7月22日生まれ。デビュー以降、数々のヒット作に出演してきた実力派俳優。2021年はドラマ「最愛」が大きな話題に。2024年の大河ドラマ「光る君へ」で主人公の紫式部を演じることが決定。彼女の活躍に注目が集まっている。

撮影/土屋文護〈TRON〉 ヘア&メイク/Ryo スタイリスト/有本祐輔〈7回の裏〉 取材・原文/石井美輪 ※BAILA2023年2・3月合併号掲載

Feature特集

Feature特集

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE
  • EDITOR'S PICK

Magazineマガジン

BAILA2・3月合併号 試し読み