Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

【秋の新顔プチ盛り】こなれ大人のチョーカー講座

アラウンド20に大ヒット中のチョーカー、BAILA世代も使ってみましょ♥︎ ©INF/amanaimages
オフショルダートップスやゆる感ビッグシャツなど、デコルテが大きく開いたトップスが大流行中ですが、ちょっと首元が寂しいとき、アクセサリーはどうしていますか? アラウンド20の妹BAILA世代に大ヒット中なのが、モデルのジジ・ハディッド(中)やケンダル・ジェンナー(右)が首にくるりと巻いている黒いコード、チョーカーです! レザーやリボンにモチーフがついているものやワイヤー状のものetc.、さまざまなタイプがありますが、BAILA世代の大人こそ楽しむべき、モードな新顔アクセサリーなのです★ そこで、大人の正しいチョーカーの選び方3をご紹介します。
定番のブラックコードも、モチーフ付きなら大人っぽい!【写真①】
チョーカーといえば、最もポピュラーなタイプは黒。BAILA世代が選ぶべきは、小さなモチーフのついたペンダントタイプです。小さくてもさりげなく主張するきらめきが、いつもの着こなしをぐっと今っぽくアップデート。ボーダーカットソーやシャツ、白Tシャツなど、定番のシンプルなワードローブに合わせてみて。
開いたデコルテに、辛口なレザーの存在感が映える!【写真②】
妹世代に大ヒット中の黒チョーカー。その強い存在感に、ちょっと腰が引けるあなたは、コードの色を“黒以外”にチェンジしてみて。とくに、BAILAモデルの中村アンが着けているようなホワイトやアイボリーなら、開いたデコルテが持つ軽やかな抜け感はそのままに、チョーカーの辛口なモード感を活かしたコーディネートが楽しめます。
ネックレス感覚で着けられる、モダンなゴールドチョーカー【写真③】
ネックレスと同じような感覚で最も着けやすいのが、地金でできた成形タイプ。とくに、肌なじみのよいゴールドに、パールやカラーストーンなどをあしらった、モダンで大胆なデザインがヒット中。ネックレスにはない独特のボリューム感が、シンプルコーデをモードに昇華します。
別々に使える、ホワイトレザーと、パール&チェーンの2連チョーカー【写真④】
「①モチーフつき・②黒以外・③地金タイプ」以上の3原則を踏まえて、この秋ライターOが買い足したのが、こちらのMONDAY EDITIONの3連チョーカー。ホワイトレザー1本のタイプと、パール&ピンクゴールドチェーンの2連タイプが別々に使える便利な仕様。ほどよく個性的なデザインですが、黒ほど重たくならずに、コーディネートのスパイスに一役買っています!
【写真①】チョーカー¥9500/シオン商事(ラダ/ドレスレイブ)
【写真②】ラリエット¥20000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
【写真③】チョーカー¥14800/ソムニウム
【写真④】チョーカー(2種セット)¥26000/ジェムプロジェクター(MONDAY EDITION)
撮影/五十嵐隆裕<SIGNO>、長山一樹<S-14> ヘア&メイク/Eiji Sato、耕万理子<SIGNO>、佐々木貞江 スタイリスト/辻村真理、小川ゆう子 モデル/垣内彩未、中村アン、吉田沙世