Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法

ちょっぴりレトロで方の力の抜けた女らしさを叶えてくれるブラウン。もはや街で見ない日はない、今季の一大トレンドカラーをもっと楽しみつつ、ほかの人と差をつける着こなしのヒントをご紹介します♪

①「赤みブラウン」を選べばぐっと新鮮な表情に

もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法_1
【写真①】
ブラウンとひと口にいても、その表情はさまざま。今季、一番の注目ブラウンといったらほんのり赤みを帯びた「赤みブラウン」。落ち着いた一般的なブラウンのイメージよりもちょっぴり色気のある、女らしいムードを持った色。

肌に乗せると赤みが一層引き出されて、想像以上に女っぽくキマるこの色は、ぜひリブニットやブラウスなどトップスで取り入れてみて。
デニムと合わせただけでも、鮮度抜群、ひと味違ったブラウンコーディネートに乗り換えられちゃいます♪

②「ワントーン」でまとめてブラウンの持ち味を全力発揮!

もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法_2
【写真②】
ブラウンはもともとがベーシックカラーだけに、1点投入しただけではときにトレンドというより「ただの地味な人」で終わってしまうことも。

これだけの流行カラーとなった今季なら、ブラウンのトレンド感を全面に押し出すべく、ブラン系ワントーン=「ブラウニーワントーン」で着こなしをまとめれば、ぐっと今っぽく仕上がる。

ブラウンのニットアップに、ベージュのコートとブラウンバッグ、レオパードパンプス。いつもの黒やネイビーをつい、合わせたくなるところをブラウン系グラデーションでしっかり統一。全身で見たときの印象からして、一目で今シーズンらしいムードが。
もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法_3
【写真③】
服だけでブラウニーワントーンを実践するのはハードルが高いかも?と思ったあなたは、こんな風に服の一部と、小物をブラウンでそろえる方法もアリ。

シンプルなブラウンのVネックニットにグレーのサーキュラースカートをあわせたら、タイツや靴、バッグと小物をすでにブラウンに。ニットのブラウンとリンクして、落ち着いた品のただよう女らしさを引き出してくれる。
もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法_4
【写真④】
ブラウンの扱いに慣れてきたら、トーンに微妙な差をつけて洋服の上下で楽しむブラウニーワントーンにぜひトライしてみて。

黄味がかったブラウンのニットに、赤みブラウンのプリーツスカート。アースカラーらしい、どこか余裕のある肩の力が抜けた女らしさがまさに今の気分にぴったり。

さまざまなブラウンが揃う今シーズンだからこそ実現可能な最旬のカラーバランスは女子会でも注目されること間違いなし!

③レッドリップで「色っぽさ」をひとさじ

もっと素敵に着こなしたい!「ブラウン上手」になる方法_5
使用したのは「ムートンマットリップスティック9405 ¥3000/ナーズ ジャパン※11/11限定発売【写真⑤】
ブラウンを着る日、気をつけたいのはメイク。あっさりした引き算メイクのままだと地味な印象になってしまうので、メイクにもどこか旬のワンポイントが効いていることが大切。

ブラウンにもよくなじむ、テラコッタ系レッドなら唇だけ浮かずに色っぽさをプラスできる。ブラウンを着たいけど、忙しくてメイクに時間をかけなれない日にもリップだけなら簡単に取り入れられるワザ。ざっくりブラウンニットのマニッシュさと、女っぽい口もとは、”モテ”にも直球!


どのブランドでも必ずと言っていいほど出しているブラウンだけど、街にあふれているからこそ無難に着たくない。ぜひ、この3つの術をマスターして、もっともっとブラウン上手に♪
【写真①】ニット¥13000/エディション表参道ヒルズ店(エディション)
【写真②】ニット¥5900・スカート¥6900/キャン(モニーク)
【写真③】ニット¥2990/ユニクロ
【写真④】ニット¥35000/ドゥロワー青山店(ドゥロワー) スカート¥26000/インターリブ(サクラ)
【写真⑤】ニット¥59000/ビオトープ(モリエリ)

撮影/彦坂栄治<まきうらオフィス>、黒沼諭<aosora>、押尾健太郎、柿沼琉<TRON>
ヘアメイク/笹本恭平<ilumini.>、塩沢延之<mod's hair>、中村未幸<roraima> スタイリスト/小川ゆう子、斉藤くみ<SIGNO>、佐藤佳菜子、柾木愛乃 モデル/中村アン、絵美里、マギー、市川紗椰

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン