Magazineマガジン

  1. BAILA TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン

簡単に今っぽい洒落感と上品さが手に入り、オトナ女子に大人気のワントーンコーデ。でも、一歩間違えればただの地味な人になってしまうことも! 肌の見せ方やアクセ、さし色づかいなどで洒落見えをかなえるポイント、教えます♪

マジメに着すぎずどこかに「抜け感」をつくるべし

ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_1
「ワントーン」を着るとき、大切なのが「抜け感」をつくること。
服からタイツ、バッグまで同じトーンでまとめるとどうしても単調でお堅い印象になりがち。素肌を見せたり、カジュアルなアイテムでハズしを加えたバランス調整が大事に。
ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_2
【写真①】
今季大ヒットのニットアップを主役にしたブラウン系ワントーン。カジュアルなジージャンや素肌感を感じさせるレースアップサンダルなどを加えて。
かっちりテーラードや、ヒールパンプスなどを合わせるとコンサバ度が高まって老けて見える可能性もあるので要注意!
ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_3
【写真②】
こちらはグレー系ワントーン。同じく、オフショルで少しだけ肌を見せたり、ちょっぴりクセのあるカッティングサンダルでアクセントをつけたりして、大人しくまとめずに今っぽい抜け感をプラス。

ワントーンのときこそ、普段よりちょっと盛りめの使いや、女っぽい肌みせを大切に!

メリハリのない淡ワントーンは絶対NG!

ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_4
白やベージュを使ったミルキーカラーのワントーンは女らしくてやさしげで、みんな大好き!でも、「ただ淡色でまとめただけ」では相手の印象に残らなかったり、太ってみえてしまったり、はたまたやる気がないように思われてしまったり、と危険がいっぱい。

重要なのは色や素材感に差をつけてメリハリをつけて仕上げること。
ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_5
【写真③】
白とグレーのミルキーワントーンに、ブルーのバケツ型バッグを効かせてアクセントに。
淡トーンの洗練度はそのままに、旬の気分が高まってぐっと印象的になることうけあい!
ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_6
【写真④】
ブラウン人気の今季、こんな同系色コーデも新鮮で可愛い!けれど、こちらもやはり1点靴だけ鮮やかなイエローを差しているのがポイント。
ベージュのモヘアニットとプリーツスカートの女らしく甘やかなムードを、ピリッと大人っぽくモダンに見せて。
ワントーン、「素敵」と「地味」のボーダーライン_7
【写真⑤】
こちらはシャツをレイヤードしてニットのベージュワントーンにメリハリをつけるテクニック。やわらかな色調がシャツのシャープさですっきりきれいめにシフト。
パールネックレスやパンプスで白を加えることで、さら着こなしが引き締まります♪


ちょっとしたテクニックで仕上がりに差がつくワントーン。
自分のワントーンが「残念」なことになっていないか、今一度振り返って、ワンランク上の着こなしを目指して!

関連記事

【写真①】靴¥124000/ラ・グランアクアガール青山(ジャンヴィト・ロッシ)
【写真②】ニット¥13200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店
【写真③】バッグ¥24000/プラージュ代官山店(プラージュ)
【写真④】靴¥19000/フレイ アイディールミネ新宿2店(フレイアイディー)
【写真⑤】シャツ¥17000/フラッパーズ(ティッカ)

撮影/黒沼諭<aosora>、押尾健太郎、水野美隆<zecca>
ヘアメイク/笹本恭平<ilumini.>、長澤葵、小澤実和 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/絵美里、tamiko、大政絢 イラスト/平松昭子

Rankingランキング

  • ALL
  • FASHION
  • BEAUTY
  • LIFESTYLE

Magazineマガジン