Magazineマガジン

  1. TOP
  2. Fashion
  3. ニュース

美女感スカートと、美女靴。

冬の女らしさに断然有効なのが、3枚の「美女感スカート」。軽やかな可愛げの「細プリーツ」、大人のフェミニンさならおまかせな「裾揺れフレア」、そして辛口な女らしさに効く「リブタイト」の3枚はこの時期のあらゆるシーンに映える太鼓判ボトムなんです。
さらに、合わせる靴との「鉄板セット」を覚えておけばその素敵度は10倍増し! というわけで3つの”間違いない組み合わせ”をご紹介します。

セット①「細プリーツ」×「黒ショートブーツ」

【写真①】
可愛げ「細プリーツスカート」は、足元が「黒ショートブーツ」なら細プリーツ初心者でも問題ないし間違いない! なぜなら、可愛げがあり華やかさもある細プリーツスカートが、シンプルでミニマムな黒ブーツなら、可愛げ過多にならずちょうどいい甘辛バランスで着られるから。靴はきれいめかつシンプルにおさえ、スカートの華やかさを際立たせれば大人の女らしさはすぐかなうんです! 手持ちの黒ショートブーツでもちろん大丈夫ですよ。
【写真②】
「細プリーツ」×「黒ショートブーツ」でもうひとついいことは、写真のようにタイツをチャコールグレーなど濃いめの色にすれば、タイツと靴が分断されずにきれいにつながること。スカートから見える脚がぐっとすらっと見えて、脚長効果も! そして細プリーツスカートの華やかさがもっと際立つんです。
【写真③】
大人っぽく、さりげなく華やかな「裾揺れフレア」スカートには、「カラーパンプス」を合わせてその軽やかさを受け継ぐのがベスト! 洋服がベーシックカラーなら、写真のように黄色などヴィヴィッドカラーのパンプスをあわせればコーディネートがより一層新鮮に。歩くたびに裾が揺れるスカートも、靴の軽やかさが手伝ってより素敵に見えちゃうんです。
【写真④】
裾揺れスカートが今年らしいボルドー色なら、足元はこんなブラウンでいかが? スエード生地のカラーパンプスは、この秋冬のトレンドでもあるアイテム。スカートコーディネートに今らしさがもっと加わります。カラーパンプスだからこそ、全身がダークカラーによっていても軽やかさがキープできるのもポイントです。
【写真⑤】
もはや私たちのワードローブに欠かせない存在になっているスニーカー。合わせるなら、とくに「リブタイト」がおすすめ! タイトスカートのフォルムの女らしさとリブのカジュアル感に、スニーカーがぴったりフィット。ほどよく女らしいカジュアルスタイルが楽しめます。たくさん歩くデートのときも、「リブタイト」×「スニーカー」なら女らしさも歩きやすさもかなって完ぺき☆
【写真⑥】
リブタイト×スニーカーに少し慣れたら、こんな靴下づかいもおすすめ! いつものきれいめスタイルが一味違う印象に様変わりしちゃいます。リブの靴下を少しくしゃっと下にずらして、靴下とスカートの間から少しだけ肌を見せるのがバランスよくまとめるコツ。ぜひ試してみてくださいね。
いかがでしたか? 美女感スカート×美女靴の鉄板セットを覚えて、忙しい朝でもぱぱっとおしゃれ、がかないますように! 発売中のBAILA1月号では、この他にも「美女感スカート」の素敵コーディネートを多数掲載中。ぜひ本誌もチェックしてくださいね!
【写真①】スカート¥32000/インターリブ(サクラ) 靴¥93000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 【写真②】スカート¥22000/ドレステリア 丸の内サロン(ドレステリア) 靴¥25000/クラークスジャパン(クラークス) 【写真③】スカート¥28000/エフユーエヌ(アイロン) 靴¥19000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 【写真④】スカート¥16000/ピーチ(マイカアンドディール) 靴¥22963/銀座かねまつ6丁目本店 【写真⑤】スカート¥14200/フレイ アイディー ルミネ新宿2店 靴¥13990/アディダスグループお客様窓口(アディダス オリジナルス) 【写真⑥】スカート¥18000/ショールーム セッション(アダワス) 靴¥25000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) 撮影/遠藤優貴<MOUSTACHE>、竹内裕二<BALLPARK>、藤原 宏<Pygmy Company>、倉本ゴリ<Pygmy Company>、三瓶康友 ヘア&メイク/笹本恭平