<頑張らない糖質オフ>副編きっこの2週間ダイエット

2019-01-28 20:00
  • 気づかぬうちに増えた2㎏を何とかしたい! 糖質大好き副編きっこが、ダイエットアドバイザーの岸村康代先生のアドバイスのもと、2週間の糖質オフダイエットにトライしました。とはいえ麺類も食べたしお酒も飲んだ2週間。果たしてその結果は…?
  • ダイエット期間中、実際に食べた献立を公開
  • スタート!嘆きの56.1キロ
  • 164㎝、54㎏が自分の中では許容体重。それがここ1年で2㎏増!
  • 用意したものは豆乳とおからパウダー
  • 2週間ダイエットのために「おからパウダー」&「豆乳」を箱買いゲット。豆乳は空腹時に、おからパウダーは食事に混ぜて頑張るぞ!
    (豆乳)タニタカフェ®監修オーガニック調製豆乳200㎖ ¥110/マルサンアイ
    (おからパウダー)超微粉おからパウダー 200g ¥1150/アシストフード
  • 1日目
    8:00
    朝食
    ・パン1/2枚
    ・スクランブルエッグひと口
  • 11:00
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 13:00
    昼食
    ・野菜たっぷり豆乳麺
  • 豆乳麺
  • 会社近くの人気店の定番。野菜たっぷり×️豆乳が最強! 野菜から食べるように心がけた。
  • 19:30
    夕食
    ・鶏肉と冬野菜のクリームスープ
    ・キヌアレタスのおかゆスープ
    ・パン1 個
  • 鶏肉と冬野菜のクリームスープ
  • 2日目
    8:00
    朝食
    ・おかゆ1/3杯
  • 12:30
    昼食
    ・サンラータン麺
  • 酸辣湯麺
  • この日はサンラータン麺で前日から麺続きになってしまいやや反省。
  • 14:00
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 20:00
    夕食
    ・トマトもやしサラダ
    ・ポークチョップ
    ・みそ汁、ご飯1/2杯
  • トマトもやしサラダ
  • 3日目
    8:00
    朝食
    ・コーヒー
    ・クロワッサン
  • 10:00
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 11:30
    昼食
    ケータリング
    ・小おにぎり2 個
    ・卵焼き1 個
    ・ミニハンバーグ1 個
  • ケータリング
  • 撮影の昼食は彩り豊かな野菜中心のケータリング。なるべく副菜を多めに食べた。
  • 19:30
    夕食
    ・会食(ギリシャ料理)
    豆のペーストなどを中心になるべくパンなどの糖質を避けた会食に。
  • 4日目
    朝食
    土曜日だったので寝坊。食べず。
  • 10:00
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 14:00
    昼食
    イタリアン
    ・トマトピザ2切れ
    ・トマトクリームパスタ100g
    前菜を多めに、ピザやパスタはトマト系がベターと聞いたのでどちらもトマトソース。

    20:00
    夕食
    ・ギョーザ5 個
    ・ビール1 杯
    白ご飯は食べずにギョーザのみ。ビールの誘惑には負けてしまった!
  • お酒はなるべく焼酎やウィスキー、ワインがいいですよ!
  • 5日目
    8:00
    朝食
    ・コーヒー
    ・シリアル
  • 12:00
    昼食
    ロシア料理
    ・ピロシキ1個
    ・野菜前菜3種
    友人たちと昼食。ピロシキに重量感があったのでほかは野菜だけに。
  • 16:30
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 19:30
    夕食
    ・キムチ鍋うどん
    ・おからパウダーたっぷり
  • キムチうどん
  • キムチ鍋うどんをボウル1杯。うどん少なめにおからパウダーをたっぷり。意外に満腹感。
  • 6日目
    9:00
    朝食
    ・メロンパン
    ・コーヒー
  • 11:00
    豆乳を飲む
  • 豆乳
  • 14:00
    昼食
    ・きのこのおひたし
    ・玄米
    ・みそ汁
    ・厚揚げ豆腐
  • マクロビランチ
  • マクロビランチ。まずは野菜とみそ汁を食べ、玄米をよく咀嚼。
  • 19:30
    夕食
    ・豚肉炒め
    ・わかめみそ汁
    ・にんじんごまサラダ
    ・おからパウダー
    ・ご飯1杯
  • 豚肉炒め
  • さらにもう1週間続け、体重は55.0㎏に!

  • 副編きっこ
  • 「空腹時に豆乳」を心がけた結果、以前のような早食いをしなくなった。夕食の糖質をいきなりゼロにするのではなく、おからパウダーと混ぜたりすることで徐々に減らし、おなかを慣らしたことで物足りなさを感じなかった。結果1㎏マイナスでも体が軽やかに! これなら無理なく長く続けられるかも!
イラスト/沼田光太郎 取材・文/遊佐信子
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

関連記事

最新記事

Pick Up

Keywords