花見シーズン終了とともに始めたい3つのこと。

2017-04-11 21:00
  • お花見シーズンも、もうすぐ終わりですね。意外と寒いこの季節ですが、編集部をぐるりと見渡すと、みんな、さりげなく春シフトをしていて軽やかムード。真冬と変わらない気温の今日なんかでも、ゴッツイ冬服を着ている人は皆無です。

    そりゃあ、ファッションは季節感が命ともいえますし、春は秋とともにシーズンの変わり目として気分を変えるタイミング。ファッション編集者ともあれば、先取りという意識もなく、自然とシフトしている模様。

    とはいえ、寒いものは寒い!
    体調管理も仕事のうちですから風邪を引くわけにもいかない。そんな中、本格的な春を前に、編集部スタッフがやっていることをチェックしてみました。
  • 今シーズン、まず最初に投入したのがカラースカート、あえてド派手ピンク!
  • 1. シーズンの気分を楽しむ服を1着投入する

  •  明日発売のBAILA5月号を始め、書店では春のファッション号が続々発売されていますが、いま発売されている号を撮影していたのは、実は2月末ごろ。冬のうちから春アイテムをチェックしているので、冬服に1点、春っぽいアイテムを投入して気分転換を図っているスタッフが多いんです。
     例えば、本日の編集Uは黒いパンツに白ブラウスといった装いですが、ブラウスの袖がフレアになったものを着用。自分の定番にさりげなく春トレンドの袖コンブラウスを投入しています。また編集Mはアシンメトリーなリブニットを着ていて、すでに肩出ししています(寒いはずだが!!)。かくいう私は、まずピンクのスカートを購入。真冬中愛用していたコンバースとも相性抜群で、地味色トップスも新鮮に。会う人に「春らしいね~」と声をかけられるのも、なかなか気分がよいのです。私の場合には、ここで淡いピンクではなくド派手ピンクをしたので、より気分もヴィヴィッドに盛り上がります。

    やってる感、変わった感があるほうが、この1点投入は効果があります。
  • プリーツスカートを軽やかに見せるなら、そろそろタイツは脱ぎたい。
  • 2.タイツを脱いで素足になる準備を始める

  • 春気分を出すときに、ファッション編集者がまずすることは、足もとチェンジです。

    特に冬の代名詞ともいえるタイツを脱ぐタイミングは、一般的な人々よりちょっと早め。
    例年ですと素足にパンプスやとんがりフラットを履いて、「やっぱ寒かった~」とか言ってるわけですが、今年は違います。なぜなら、ソックスという強い味方があるんです!

    スニーカーやひも靴にソックスというのは当たり前ですが、パンプスやフェミニンなフラット靴、さらにはサンダルにもソックスを合わせるのが大人気。ここ2,3年、徐々に増えてきたソックス族が、今年は主流に。足首を温めるだけで、ぐっと寒さは軽減されますから、このトレンドは本当にありがたい! 

    私もさっそく何本かのソックスを購入しました!
  • まず最初に購入したのがラメソックス。左の派手ラメのほうが使えます!
  • まず最初に購入したのが、ラメソックスです。どの程度のラメがいいか買うときに迷いに迷って2本買ってみたのですが、結論として、派手なほうが使えます!

    右のちょっとシックな黒ベースのリブソックスにもラメが入っているのですが、ささやかすぎて、光に反射すると、ホコリに見える気が(苦笑)。
    思い切ってラメのギラギラ感を主張するほうが、おしゃれっぽくなれます。それに、履くと見た目ほど派手ではないんですよ。面積が小さいからそれほど目立たない。
    そして、黒×シルバーラメなので遠目にはグレイッシュに見えて、グレータイツ感覚ではけば失敗ありません。タイツを脱いでからの移行期間には重宝します。

    ちなみに、このラメソックスをネイビーのスエードパンプスや、赤いアンクルストラップサンダルと合わせるのが、最近のお気に入りです。

    そして、先日2本、さらに買いました。
  • 2色追加で購入したのはイエローとネイビー。長さは2種ありましたが、短いほうを購入。
  • イエローとネイビーの細リブソックスで、Tabioで購入したもの。

    これを買おうと決めたのは、バイラ5月号でご一緒したスタイリストの奥野さんがスタイリングに愛用されていたから。『ジミーチュウのパンプス』特集の中で、イエローソックスをネイビーパンプスに合わせていましたが、これを見て、自分のネイビーパンプスに合わせたくなったんです。(誌面のスタイリングがすごく素敵なので、ぜひ見てくださいね) もう1本のネイビーは、逆に明るい色のパンプスを履くときに合わせる予定。足首がキュッと引き締まって見えそうなのがポイント。
  • 花見といえばサクラですが、この季節のツバキもなかなか美しいです。
  • 3.紫外線対策を始める。

  • このシーズンは桜に目を奪われがちですが、ツバキなどほかの花々を咲き始めてます。太陽の暖かくなって、紫外線も強くなっている! だからこそ、ファッション編集者はサングラスに手を伸ばすんです。 カッコつけてるだけじゃないんですよ、美白ですよ~。目から入る紫外線はバカにならないんですから!

    同じ紫外線ケアならば、洒落たサングラスで。

    というわけで、どんなサングラスをかけようか、それぞれが趣向をこらします。
    いつも同じタイプをかける人もいるし、シーズンごとに変える人もいます。私はどちらかというと後者で、何本か持っているサングラスをその年の気分で使いまわしているのですが、つい最近、珍しく新しく購入しました!

    それが、こちら。CELINEのもので、最近のお気に入りです。

  • 4月になったら日常にサングラスは必須。美白のためでもあるんです!
  • かけるとこんな感じ。レンズはグラデーションになっていて下の方が色が薄いです。
  • モダンさのある丸いレンズと、フレームの色が決め手。ちょっと派手めで遊ぶのが今年の気分です。


    いかがでしたか?
    1点投入、ソックス、サングラス。
    どこか1つ取り入れるだけでも、春気分にシフトできるから、オススメです。(副編ナカディ)
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords