通勤&休日OK! 大流行中シャカシャカアウターは【ワークマン(WORKMAN)】が最強説

2019-05-17 13:00
  • BAILA4月号本誌でもカバーモデル桐谷美玲さんで特集しましたが、梅雨どき、さらに秋まで活躍する薄くて高機能なはおりものとして、ナイロン製の“シャカシャカアウター”が大ヒット中です。スニーカーと並んで、着こなしをほどよくカジュアルダウンし、旬のアスレジャームードを加えてくれるのが人気の理由です。スポーツやアウトドアウェア由来の軽量で丈夫、さらに防水&撥水・透湿・防風など優れた機能性をもったアイテムが多いのも、働く30代女子にはうれしいポイント。...とはいっても、どちらかというとフェミニンで女らしい服やコーデがお好みの方には、ちょっと挑戦しづらいアイテムかもしれませんね。そんなときは、ぜひ話題の【ワークマン(WORKMAN)】で高コスパなシャカシャカアウターに挑戦してみてください!
  • 先に結論:シャカシャカアウターは【ワークマン(WORKMAN)】で買うべし!

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
    2.5レイヤーハードシェルジャケット¥3900/ワークマン(イージス)
  • エディター沖島のイチ推しは、こちらの【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド「AEGES(イージス)」の2.5レイヤーハードシェルジャケット¥3900です。ポリウレタン透湿コーディングを施したナイロン100%、引き裂きに強い2.5レイヤー構造で正真正銘の“シャカシャカ”生地です。色はブラック、カーキ、グレーの3色ありますが、沖島はコーデを明るく見せてくれて、きれい色の服によく映えるライトグレーをチョイス。
  • 【買うべき理由①】人気のハードシェル型

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
  • “ハードシェル”とは、主にアウトドアの過酷な環境でいちばん外側に羽織るジャケットのこと。堅く破れにくい丈夫な生地を用い、雨や雪・風の侵入をなるべく防ぎながら、内側にこもる汗の蒸れを外に逃がす仕立てです。ネックラインが高く、フードがコンパクトなのも特徴です。フード左側についている「AEGES(イージス)」のブランドロゴは、暗闇でも視認性の高い反射プリントになっています。
  • 【買うべき理由②】YKK製ビスロン止水ファスナー

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
  • フロントのファスナーは、世界的にも大きなシェアを誇るファスナーメーカーYKK製のビスロン止水ファスナー。完全防水ではありませんが、日常的な雨雪風対策ならまっっったく問題ありません◎。さらに袖口にはベリベリ着脱できるベルクロテープつきで、雨雪風が服の中に入らないようしっかり留められます。
  • 【買うべき理由③】撥水ファスナーつき手差しポケット

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
  • 両脇には、撥水ファスナーつきの手差しポケットが2つ。ファスナーにカバーがついているので、中に入れるものがより濡れにくく汚れにくいのはもちろん、ポケットの必要以上の存在感をなくしてくれるのも◎。
  • 【買うべき理由④】ポケット内側にベンチレーション

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
  • 両脇の下にあたるポケットの内側には「AEGES(イージス)」のロゴがパンチングで抜かれていて、内側に汗や湿気がこもらないように水分を逃がすベンチレーション(通気)機能の役割を果たします。ちなみにこの生地の透湿度は一日で1㎡あたり3000gの水蒸気を外に出す(3000g/㎡24h)との表示あり。日常生活にはじゅうぶんかと。上のスリットは【ワークマン(WORKMAN)】のジャケットおなじみペン差しです。サングラスやメガネ、ペンライトなども固定できて地味に便利。
  • 【買うべき理由⑤】コンパクトにたためるパッカブル仕様

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケット
  • さ・ら・に! コンパクトにたたんで収納できる同色の巾着ケースつきなんです! シワが木になりにくい生地ですから、着ないときはバッグの中に忍ばせておくち、肌寒いときや急な亜雨風に見舞われたときにサッと羽織れてめちゃくちゃ便利。
  • 【買うべき理由⑥】初夏~梅雨~秋、レジャーのはおりものにぴったり!

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケットのトレンドコーデ
  • ごく薄手で軽いので、春から秋までシーズンレスに着られます。スカートやワンピースなど甘めアイテムに合わせると、フェミニンコーデが今っぽいアクティブ&リラックスムードに振れるから◎。週末のお出かけにぴったりです! 夏フェスやキャンプ、BBQなど、夏に向けて増える屋外でのレジャーシーンはもちろん、タウンウェアとしても活躍します。
  • 【買うべき理由⑦】通勤スタイルにだって着回せる!

  • 【ワークマン(WORKMAN)】オリジナルブランド、イージス(AEGES)の2.5レイヤーハードシェルジャケットの通勤コーデ
  • ガチの作業着ブランド【ワークマン(WORKMAN)】ですけれど、やわらかなきれい色を選べば通勤コーデにだって着回せます! ハリのある生地なのでカジュアルすぎないんです。寒色系でまとめた淡色レイヤードなら、なんだか洗練されたムードに。もちろん、満員電車の大混雑やゲリラ豪雨の中の外回りなど、ハードなビジネス環境もしっかり支えてくれます、なんたってワークマンですから。
  • いかがでしたか? 全国に830店舗以上ある【ワークマン(WORKMAN)】、さらにショッピングモールへの進出めざましいおしゃれ系【ワークマンプラス(WORKMAN Plus)】には、今回ご紹介したような高機能で丈夫な薄軽アウターの新作が大量に揃っています! 梅雨入りの前にぜひ一度チェックしてみてくださいね♪
  • 【合わせて読みたい】梅雨シーズンの薄軽高機能はおりもの、どうする?

取材・文/沖島麻美 ※掲載されているのはすべて私物です。
  • tweet
  • share
  • LINEで送る

最新記事

Pick Up

Keywords